レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

孤高のグルメ

孤高のグルメ33 「おぎのや 群馬の台所」@高崎

弁護士の櫻田です。

 

先日、訴訟期日のため、前橋地裁まで行ってきました。

東京からは、上越新幹線で高崎まで行き、そこで乗り換えて前橋に向かいます。

今回は、高崎で乗り換えた際、駅構内で利用した「おぎのや」さんです。

 

ここは言わずと知れた釜飯の有名店です。

近時、弁当では気軽に購入することができますが、店舗でいただけるのは珍しく、立ち寄りました。

 

画像1

画像2

店舗入口と店外メニュー。

釜飯のほか、うどんもあるようです。

 

画像3

店内メニュー。

上州もち豚が美味しそうだったので、釜飯に、豚の生姜焼が付いた「風神」をチョイス。

うどんが付いた「雷神」だと、うどんが食べ放題なのですね…。

 

画像4

画像5

画像6

15時頃の中途半端な時間で、お客さんも疎らだったので、すぐ到着。

この釜飯、久しぶりですが、変わりのない容姿。

弁当と違う点は、釜飯が温かいことでしょうか。

提供時間からして、注文を受けてから炊き上げるものではありませんが、十分な保温がされており、弁当とは違った印象です。

釜飯の具の杏と栗は、とりあえず、外に出してから、最後にいただきました。

もち豚の生姜焼きも優しい味で食べやすい。

サラダ、味噌汁、小鉢のほか、デザートのあんこ餅も付いています。

おぎのやの釜飯には欠かせない漬物も健在です。

 

新幹線乗り換えで忙しない食事ですが、ホッと一息つくことができました。

 

この釜飯は、これから先も、長く旅人のお腹と心を満たしてくれることでしょう。

 

孤高のグルメ32 「武蔵野うどん 澤村」@浦和

弁護士の櫻田です。

新年を迎えたと思ったら、あっという間に2月も終わりですね。

久々の孤高のグルメは、埼玉のご当地うどんです。
さいたま地裁での期日の帰りに立ち寄った「澤村」さんです。
武蔵野うどんは、たまにいただきますが、ゴワゴワした存在感のある麺が特徴です。

画像1
店舗外観。浦和駅から歩いて5分くらいです。

画像2
画像3
画像4
店内のメニュー。
水で締めた冷たい麺を、温かいつけ汁で食べるスタイルです。
つけ汁は、肉汁、鴨汁のほか、シンプルな醤油つゆから選びます。
一番人気の肉汁は既食でしたので、今回は、鴨汁を選択。
天ぷらや小丼などのサイドメニューも充実していますが、この日は、麺を楽しみたかったので、サイドメニューは注文せず、麺を大盛にしました。

画像5
画像6
画像7
10分ほどして、鴨汁うどんが到着。
やはり、まずは麺に注目ですね。初めて食べる人は、硬いなと感じるかもしれません。
実際、歯ごたえはかなりのもの。富士吉田うどんに匹敵する硬さです。
讃岐のようなモチモチ感はほぼ感じられません。
まさに、麺をワシワシ食らうという感じ。喉越しを味わうものではありません。
私は、この質実剛健な麺が大好きです。
つけ汁も秀逸です。鴨の出汁がよく出ています。

画像8
自家製の生七味が備えられています。
半分程度食べ進めた頃に、つけ汁に投入すると、味の変化が楽しめます。
辛味と風味を加えてくれます。

画像9
食べ終わる頃に、つけ汁を割るための出汁を提供してくれます。
これをつけ汁に入れて、最後まで汁を楽しむことができます。

このお店は、浦和でサクッと昼食をとりたいときに重宝しています。
接客も非常に丁寧で好印象です。
浦和駅周辺では、間違いなくおススメのお店です。

では、来月もよろしくお願いします。


孤高のグルメ31 「鳥めし 鳥藤」@築地


弁護士の櫻田です。

 

師走も半ば過ぎ、諸々忙殺されています。

 

さて、今回の孤高のグルメは、近時、話題が絶えない築地市場から。

鳥料理の「鳥藤」さんです。

場外にも店舗があるのですが、今回は場内店で。

というか、ここは場内店しか行ったことがないかもしれません。

 

土曜日の所用のついでに立ち寄りましたが、本願寺の交差点付近からものすごい人混み。

昼時なこともあり、多くの店で行列ができていて、歩道もまともに歩けません。

人混みを抜けて、場内に入っても、人・人・人…。

寿司屋も選択肢にあったのですが、海鮮系のお店は並ぶ気も起きないほどの行列だったので、即時に断念。

 

画像01

画像02

とういうわけで、奇跡的に行列のなかったこのお店へ。

 

画像03

画像04

画像05

画像06

そば系も惹かれるのですが、ここへ来ると、大抵、親子丼かぼんじり丼。

今回は、特製のモツ入りを。

 

画像07

画像08
画像09

画像10
提供も早いです。

鶏は名古屋コーチンとのこと。

食べると、けっこうな弾力です。ブロイラーの軟さとは全然違います。

鶏スープも秀逸。コラーゲンの膜が張っていました。

若干ボリュームは控え目ですが、いつも通りの美味しさ。

 

しかし、休日であれば、築地には朝に行くべきですね。

5時位から普通に店は開いていますし、人も少ない。

次回は朝食を食べに行きましょうか。

孤高のグルメ30 「中華料理 佐久間」@日向(千葉県山武市)

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、町の中華料理屋さん。

千葉県山武市にある「佐久間」さんです。

近年、近くまで圏央道が開通し、車であれば、都心部からのアクセスも便利になりました。

 

ここは、地元に根付いた確かなお店ですが、そうでなくても、知る人ぞ知るお店でしょう。

とんねるずの「みなさんのおかげです」というテレビ番組の中で、

食わず嫌い対決のコーナーがありました(もうやっていないでしょうか…)。

もうかなり前ですが、山武市出身の女優・麻生久美子さんがそこに出演された際、

麻生さんの行きつけのお店ということで、この「佐久間」さんが紹介されました。

なので、麻生さんファンであれば、耳にしたことはあるお店かと思います。

…ちなみに、私は、麻生さんのファンであります。

 

画像1

話を戻して、店舗外観。

お店の前に、広めの駐車場が完備されています。

 

画像2

画像3

画像4

メニュー。

坦々麺にも力を入れられていますが、一番は、何と言っても「レバテキ」でしょう。

麻生さんも、番組で、レバテキを紹介していました。不動の名物です。

この日、私も、レバテキ定食を注文。

 

画像5

画像6

カウンターに座り、ご主人のプロの仕事を拝見していると、

程なく、レバテキ定食が到着しました。

このレバーの素晴らしいこと!

ボリューム十分な上、レバーにしっかりと仕事がしてあります。

大きさ・厚さも、最適の一言。厚過ぎでも薄過ぎでも、この味・食感は出ないと思います。

タレも秀逸!醤油をベースに少しニンニク効いており、食欲が増します。

 

画像7

山盛りに添えられているキャベツには、このタレがよく合います。

レバー・キャベツとも、混然一体となって、箸が止まりません。

 

あっという間に完食です。

あまりの美味しさに、食事中に、テイクアウトの有無を確認したところ、

可能とのことでしたので、レバテキ2人前を追加して持ち帰り。

帰宅してからも、レバテキを堪能させていただきました。

 

「麻生さんにバッタリ出会えたらいいな」などというオヤジな妄想をしながら、

また訪問させていただきます。

 

孤高のグルメ29 「うなぎ 鳥善」@我孫子

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、初めてだと辿り着くのが難しいお食事処。「鳥善」さんです。

最寄駅は我孫子だと思います(所在は旧沼南町の柏市内です)が、

駅から到底徒歩で行ける距離ではないです。

初訪の方は、車でも辿りつくのは、困難かと思います。

墓地の脇道など、通常、飲食店が存在するとは思えない道を通っていきますので。

ちなみに、メディアでかなり取り上げられているせいか、休日は予約なしだと

満席で入れないかもしれません。

この日は予約をしていませんでしたが、たまたま一席空いていたので助かりました。

 

画像01

画像02

画像03

店舗外観。

道なき道を進むと、突如出現するこのお店。

建物、特に、内装には並々ならぬこだわりがあります。

古民家とも違う、独特の雰囲気があります。

 

画像04

画像05

画像06

内観はこんな感じ。

木を活かした空間が広がります。

 

画像09

画像10

画像11
画像12
メニュー。

うなぎと鳥がメインです。

選択肢は少なく、価格もやや高め。

ここでは、私のお気に入りは焼き鳥!

この日も、焼き鳥を食べるために来ました。

焼き鳥のセットに、親子丼定食、鳥唐揚げを注文することに。

食べ過ぎ?しかも、すべて鳥…。まぁ、仕方がない。

 
画像13
まずは、鳥唐揚げが到着。

この唐揚げがかなり独特。衣が薄く、素揚げに近いような感じ。

レア気味ながら、とてもジューシー。

 

画像14

画像15

画像16

画像17

次に、親子丼定食。

親子丼は、卵よりも鳥肉が主役。

大振りの鳥肉がゴロゴロ入っています。

ご飯もとても美味しい。

付け合せの揚出し豆腐、わらび餅も美味しい。

 

画像18

真打ちの焼き鳥セットが来ました。

分かり難いかもしれませんが、どの串もかなり大きいです。

 

画像19

つくね,ネギ間、モモ。

 

画像20

皮、手羽先。

 

画像21

遅れて、別皿できたレバー。

 

どの串も秀逸でした。昼から美味しい焼き鳥を堪能できました。

 

しかし、この日は胃の容量オーバー。さすがに食べ過ぎました。

しかも、鳥ばかりで、しばらく鳥は遠慮したい気分。

美味しい焼き鳥を補給したくなったらまた訪問します。

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード