レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。日々の出来事や、法律に関してなど綴ります。

孤高のグルメ

孤高のグルメ31 「鳥めし 鳥藤」@築地


弁護士の櫻田です。

 

師走も半ば過ぎ、諸々忙殺されています。

 

さて、今回の孤高のグルメは、近時、話題が絶えない築地市場から。

鳥料理の「鳥藤」さんです。

場外にも店舗があるのですが、今回は場内店で。

というか、ここは場内店しか行ったことがないかもしれません。

 

土曜日の所用のついでに立ち寄りましたが、本願寺の交差点付近からものすごい人混み。

昼時なこともあり、多くの店で行列ができていて、歩道もまともに歩けません。

人混みを抜けて、場内に入っても、人・人・人…。

寿司屋も選択肢にあったのですが、海鮮系のお店は並ぶ気も起きないほどの行列だったので、即時に断念。

 

画像01

画像02

とういうわけで、奇跡的に行列のなかったこのお店へ。

 

画像03

画像04

画像05

画像06

そば系も惹かれるのですが、ここへ来ると、大抵、親子丼かぼんじり丼。

今回は、特製のモツ入りを。

 

画像07

画像08
画像09

画像10
提供も早いです。

鶏は名古屋コーチンとのこと。

食べると、けっこうな弾力です。ブロイラーの軟さとは全然違います。

鶏スープも秀逸。コラーゲンの膜が張っていました。

若干ボリュームは控え目ですが、いつも通りの美味しさ。

 

しかし、休日であれば、築地には朝に行くべきですね。

5時位から普通に店は開いていますし、人も少ない。

次回は朝食を食べに行きましょうか。

孤高のグルメ30 「中華料理 佐久間」@日向(千葉県山武市)

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、町の中華料理屋さん。

千葉県山武市にある「佐久間」さんです。

近年、近くまで圏央道が開通し、車であれば、都心部からのアクセスも便利になりました。

 

ここは、地元に根付いた確かなお店ですが、そうでなくても、知る人ぞ知るお店でしょう。

とんねるずの「みなさんのおかげです」というテレビ番組の中で、

食わず嫌い対決のコーナーがありました(もうやっていないでしょうか…)。

もうかなり前ですが、山武市出身の女優・麻生久美子さんがそこに出演された際、

麻生さんの行きつけのお店ということで、この「佐久間」さんが紹介されました。

なので、麻生さんファンであれば、耳にしたことはあるお店かと思います。

…ちなみに、私は、麻生さんのファンであります。

 

画像1

話を戻して、店舗外観。

お店の前に、広めの駐車場が完備されています。

 

画像2

画像3

画像4

メニュー。

坦々麺にも力を入れられていますが、一番は、何と言っても「レバテキ」でしょう。

麻生さんも、番組で、レバテキを紹介していました。不動の名物です。

この日、私も、レバテキ定食を注文。

 

画像5

画像6

カウンターに座り、ご主人のプロの仕事を拝見していると、

程なく、レバテキ定食が到着しました。

このレバーの素晴らしいこと!

ボリューム十分な上、レバーにしっかりと仕事がしてあります。

大きさ・厚さも、最適の一言。厚過ぎでも薄過ぎでも、この味・食感は出ないと思います。

タレも秀逸!醤油をベースに少しニンニク効いており、食欲が増します。

 

画像7

山盛りに添えられているキャベツには、このタレがよく合います。

レバー・キャベツとも、混然一体となって、箸が止まりません。

 

あっという間に完食です。

あまりの美味しさに、食事中に、テイクアウトの有無を確認したところ、

可能とのことでしたので、レバテキ2人前を追加して持ち帰り。

帰宅してからも、レバテキを堪能させていただきました。

 

「麻生さんにバッタリ出会えたらいいな」などというオヤジな妄想をしながら、

また訪問させていただきます。

 

孤高のグルメ29 「うなぎ 鳥善」@我孫子

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、初めてだと辿り着くのが難しいお食事処。「鳥善」さんです。

最寄駅は我孫子だと思います(所在は旧沼南町の柏市内です)が、

駅から到底徒歩で行ける距離ではないです。

初訪の方は、車でも辿りつくのは、困難かと思います。

墓地の脇道など、通常、飲食店が存在するとは思えない道を通っていきますので。

ちなみに、メディアでかなり取り上げられているせいか、休日は予約なしだと

満席で入れないかもしれません。

この日は予約をしていませんでしたが、たまたま一席空いていたので助かりました。

 

画像01

画像02

画像03

店舗外観。

道なき道を進むと、突如出現するこのお店。

建物、特に、内装には並々ならぬこだわりがあります。

古民家とも違う、独特の雰囲気があります。

 

画像04

画像05

画像06

内観はこんな感じ。

木を活かした空間が広がります。

 

画像09

画像10

画像11
画像12
メニュー。

うなぎと鳥がメインです。

選択肢は少なく、価格もやや高め。

ここでは、私のお気に入りは焼き鳥!

この日も、焼き鳥を食べるために来ました。

焼き鳥のセットに、親子丼定食、鳥唐揚げを注文することに。

食べ過ぎ?しかも、すべて鳥…。まぁ、仕方がない。

 
画像13
まずは、鳥唐揚げが到着。

この唐揚げがかなり独特。衣が薄く、素揚げに近いような感じ。

レア気味ながら、とてもジューシー。

 

画像14

画像15

画像16

画像17

次に、親子丼定食。

親子丼は、卵よりも鳥肉が主役。

大振りの鳥肉がゴロゴロ入っています。

ご飯もとても美味しい。

付け合せの揚出し豆腐、わらび餅も美味しい。

 

画像18

真打ちの焼き鳥セットが来ました。

分かり難いかもしれませんが、どの串もかなり大きいです。

 

画像19

つくね,ネギ間、モモ。

 

画像20

皮、手羽先。

 

画像21

遅れて、別皿できたレバー。

 

どの串も秀逸でした。昼から美味しい焼き鳥を堪能できました。

 

しかし、この日は胃の容量オーバー。さすがに食べ過ぎました。

しかも、鳥ばかりで、しばらく鳥は遠慮したい気分。

美味しい焼き鳥を補給したくなったらまた訪問します。

孤高のグルメ28 「熊公」@浅草橋

弁護士の櫻田です。

 

いつの間にか、もう11月。早過ぎますね。

 

今回の孤高のグルメは、浅草橋の「熊公」さん。ジャージャー麺のお店です。

事務所から徒歩で数分ですが、久しぶりの訪問でした。

 

画像1

店舗外観。

カウンターのみの小さなお店です。

店内外とも、昭和的なノスタルジックな雰囲気です。

職人気質のおばちゃんが切り盛りしています。

 

画像2

画像3

メニュー。

基本的には、ジャージャー麺と温かいラーメンの二本立て。

トッピングが豊富に選べるほかは、カレーなどのサイドメニューを付けるかどうか。

 

ここに来ると、ジャージャー麺と半カレーライスのセットが私の定番であります。

この日も、いつもの通りの注文です。

…そういえば、ここでは、温かいラーメンは頼んだことがないですね。

 

ひとつ注意点として、普通盛りでも結構なボリュームですので、

確固たる自信がない限り、中盛りや大盛りは控えた方が賢明です。

以前、中盛りを注文したことがあったのですが、ものすごい量でした。

 

画像4画像5

まずは、半カレーライスが到着。

半カレーとは言いつつ、他店では、普通に一人前のカレーライスです。

味は家庭的で安心できますし、具も大きな肉や野菜がゴロゴロ入っています。

この半カレーセットは750円ですが、基本のジャージャー麺が660円であることからすると、

プラス90円でこのカレーを付けることができるわけです。

しかし、とても90円のおまけのカレーではありません。

いつも思うことながら、このコスパは驚異的です。

 

画像6

画像7

少し後に、ジャージャー麺も到着。

画像では分かり難いかもしれませんが、具・麺とも結構な量です。

たっぷりのキュウリ・もやし・コーン、その下には水で締めた中華麺、

そして、味の決め手となる肉味噌。

 

画像8

肉味噌は、自分で追加することが可能。

優しい味ですが、食べると、次第にピリピリしてきて、心地良い辛味もあります。

しかし、これを自分で追加できるとは、とてもありがたい。

 

画像9

酢も備えられています。

味変にはもってこいです。

 

画像10

食べ終わりそうな頃合いで、コーヒーゼリーを出してくれます。

もう半端ないサービスです。

 

大変美味しゅうございました。

こんなお店が近くにあるだけで幸せです。

末永く頑張ってほしいです。

 

孤高のグルメ27 「麺処MAZERU」@秋葉原

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、二郎系のまぜそばです。

このブログで、二郎系のレポは初めてでしょうか。

 

秋葉原駅近くの「MAZERU」さんです。

年齢のせいか、近時、二郎系は足が遠退いているものの、

この日は無性に食べたくなり、仕事終わりに衝動的な訪問です。

 

二郎系といっても、ここは、まぜそば(汁なし)専門。

スープ入りは出てきません。

 

画像1

画像2
店舗外観。

駅近くの雑居ビルにあります。入口は分かり難いです。

駅方向から来ると、駐車場を通り抜ける必要があります。

この日は10人程の並びでしたが、回転が速いので、それほど待ちません。

 

画像3

メニューは潔し!

醤油か塩のみ。あとは、麺量とトッピングを選ぶだけ。

この日は仕事終わりだったので、塩の肉増しに、「ニンニク・アブラ・チーズ」をコール!

 

画像4

画像5

入店して、間もなく着丼。

久しぶりの二郎系。ド迫力です。

肉も程良く脂身部分があり、「神豚」と呼んでもいい出来です。

 

画像6

豪快に混ぜていただきます。


…ふと気が付くと、このブログ、麺やご飯の混ぜ物系が多いですね。

特に自覚はありませんでしたが、自分は混ぜ物系が大好きなようです。

 

久しぶりでしたが、ぶれない味、量に満足。

完食できてよかった。二郎系もまだ大丈夫な体なようです。

 

事務所から最寄りの二郎系ですので、重宝します。

また衝動的に訪問すると思います。

 

プロフィール
レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード