レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

事務員の記事

猫小屋の続き

皆さんこんにちは、事務の末永です

 

先日、件の猫小屋の断行手続がありました。
 

断行前日までに債務者から連絡が何度かあり、「猫は責任も持って対応するし、荷物も必ず片づけておきますから」とのことでした。

 

しかし、やっぱり責任は持っていただけなかった。

 

断行当日の朝になって、「猫が4匹残っているし、部屋の片づけもできなかった」との連絡がありました。

 

断行は、猫の確保から始まりました。

猫は債務者に引き渡し、残った荷物については、執行官が「処分してもかまいませんか?」と債務者に尋ねると、「全て必要だ」とのことでした。

 

前回も書きましたが、部屋の中がすごく臭いのです。本当に耐えられないほどの臭いがするものばかりです。

こうした臭いがきつい荷物を保管となると、保管倉庫に匂いが残り、倉庫会社からクレームが来るので、執行官が何とか処分の方向で説得を繰り返しましたが、債務者は頑として「残してほしい」とのことでした。

 

結局、トラック1台分の荷物を保管にしましたが、債務者が引き取りに来るのかは全く不明です。

 

3週間後に取りに来なければ、競売となりますが、おそらく誰も競売に参加はしないでしょう。

競売情報に「臭い」のことは記載されていませんが、品目からしてまず競落されることがないものばかりですから。

 

断行後、債務者からの連絡は一切ありません。

 

結局、債権者が買い取らなければならない結果となるのでしょうか。

その結果はまた、次回に書かせていただきます。

 

年末年始休業のご案内

こんにちは。事務局です。

 

あっという間に12月ですね。

今年も残すところ、1ヶ月をきりました。

 

さて、レアール法律事務所の年末年始休業は

 

平成301229日(土)から平成31年16日(日)まで

 

となります。

 

年末年始休業以外は12月中も暦通りの営業をいたしますので、今年中に解決したい「借金問題」がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

益々寒くなり、何かと忙しい時期になりますので、くれぐれも体調を崩さないようにご自愛くださいませ。

 

それでは、休業期間中はご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

猫小屋

皆さんこんにちは、事務の末永です。

 

先日、都内で建物明渡強制執行の催告がありました。

 

本件の依頼を受ける際、保証会社から、対象物件では猫が3匹飼われていることを聞いていました。

 

しかし、訴訟の際、被告が出廷してきて、弁護士が確認したところ、実は、猫は5匹いるとのことでした。

 

これを踏まえて、強制執行では、執行官面接時に、猫が5匹いることを伝えました。

 

催告当日、債務者は不在でした。

 

合鍵を使って、猫が逃げないように玄関ドアを開けると、部屋からとんでもない匂いがして、みな部屋の中に入るのを躊躇しました。

 

執行補助者が最初に部屋の中に入って様子を確認すると、「猫が10匹以上いる」とのことでした。

 

その部屋の中は、猫小屋となっているようでした。

 

部屋の中には5分もいることが出来なくて、みな出てきて、部屋の外で手続を進めました。

 

今月、本件の断行があります。

 

猫は必ず債務者の方で対応してもらえるように連絡をしていますが、本件の顛末については来月ご報告させていただきます。

 

ちなみに、猫は全部で14匹いました。

 

借金問題などお気軽にご相談くださいませ

こんにちは。事務局です。

早いもので今年もあと2ヶ月を切りました。

毎年思いますが、1年はあっという間ですね。

 

さて、今年中に解決したかった「法的トラブル」が未解決のままの方はいらっしゃいませんか?

解決に至らず不安な日々を過ごされている方がいらっしゃいましたら、是非、当事務所にご相談ください。
当事務所の弁護士が全力でサポートいたします。

 

特に、当事務所が特化している「借金問題」は弁護士にご相談いただくことで、解決の目途がたち、精神的・金銭的にかなり余裕ができると思います。

 

自営業者の方や小規模法人の破産手続きにも特化しておりますので、借金問題でお悩みの方は是非、ご相談ください。

 

これから、間もなく冬本番です。

年末に向けて体調を崩さないように気を付けましょう。

「記録更新」の後日談

皆さんこんにちは、事務の末永です

 

前月の記事(「記録更新」)の後日談です。

 

強制執行でトラック5台分の荷物を保管しましたが、結局、債務者は、荷物を引取りに来ませんでした。

 

事前に、オーナーにも引取りには来ないでしょうと伝えてはありましたが、保管費と処分費だけでも70万円ぐらいかかるので、残る希望は、買受業者が競売日に買受けに来てくれるのを待つだけでした。

 

しかし、今までの経験上、トラックを何台も準備して、買受けに来る業者を見たことも聞いたこともありませんでした。

 

競売当日は、10分ぐらい前に現場に着きました。

すると、何度か見かけたことがある業者さんがいらっしゃるではありませんか!

 

しかし、人員は2名で、トラックも1台しか準備していませんでした。

 

挨拶をし、「本日は第●●号(事件番号)の買受けですか?」と尋ねたところ、その業者さんは「そうです」と答えてくれました(心の中で万歳でした)!

 

また、荷物の量が多い点(人員とトラックの件)も尋ねると、その業者さんは「もうすぐトラック4台とうちの精鋭部隊が6名来ます」とのことでした!

 

競売が始まり、外の買受人が来ていなかったので、その業者さんが最低売却金額の33000円で落札してくれました!

売却金額はともかく、買い受けてくれたこと自体、こちらとしては、大満足でした。

 

オーナーも売れたことに大変驚いていました。

 

本当に色々な経験が出来る職務ですが、今回の買受けの件は、本当に良かったです。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード