レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

所属弁護士の記事

自己破産や個人再生をするとローンが残った自動車はどうなる?-自動車の所有権留保

皆様、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

今回は、自動車の所有権留保についてお話しいたします。

 

所有権留保とは、売買代金が支払われるまでの間、当該代金債権を担保するために売買の対象物の所有権を売主に留保するという担保の一種です。

自動車の売買における割賦代金を担保するために設定されることが多くあります。

 

そして、破産や個人再生手続きを行う場合、債権者の中に上記のような自動車ローンの債権者も含まれている場合、注意が必要です。

 

何故なら、自動車の所有名義が買主であるか、自動車の販売会社(ディーラー)であるか、債権者(自動車ローン会社)であるかによって、債権者からの自動車引き揚げに応じるべきか否かが変わるからです。応じるべきでないのに、応じた場合、裁判所に不当な財産流出と判断されるおそれもあります。

 

結論から言いますと、所有名義が買主本人または販売会社である場合は、引き揚げに応じる必要がない可能性が高いです。そして、所有名義が債権者である場合は、引き揚げに応じなければならない可能性が高いです。

 

上記のように結論が異なるのは、破産または個人再生の開始決定が出る時点において、当該自動車ローン債権者は、他の債権者に自身の担保権を主張できる対抗要件を具備しなければならないためです。

 

ただ、平成25年頃から、所有名義が債権者以外の場合であっても引き揚げに応じられるように、各自動車ローン債権者が契約の条項を見直す動きがあります。

 

また、破産または個人再生の開始決定前においては、所有名義の内容にかかわらず、引き揚げに応じなければならないという考え方もあります。そのため、開始決定が下りる前に迅速に勝訴判決を得て引き揚げを試みる自動車ローン債権者もいます。

 

さらに、軽自動車の場合は、他の債権者への対抗要件が自動車の所有名義ではなく、引渡による占有であり、通常の契約書には占有が債権者にあることが明記されています。そのため、軽自動車の場合は、引き揚げに応じなければならないことが殆どです。

 

以上のとおり、自動車ローンの残っている自動車をお手元に残せるかどうかは、自動車の名義と契約内容によることになります。

 

ですので、当事務所にご相談いただく場合は、契約書と車検証をお持ちいただき、車を残すことができる事案であるか、そして、迅速に申立てを行わなければならない事案であるかを十分に検討させていただきたいと思います。

 

それでは、また。

啓蟄

皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

早いもので今年も3月に入り、少しずつ暖かい日が増えてきました。

そして、暦の上では「啓蟄」を過ぎました。

「啓蟄」とは、1年を24の季節に分ける二十四節気の第3番目の季節で、
土の中で冬籠りをしていた虫たちが地上に出てくるという意味があります。

 

ただ、まだアリが地上で動き回っているところを見ていないので、
暦上の季節と実際の季節にはやはり少しズレがあるようです。

二十四節気は、春分、秋分、夏至、冬至といったところがよく知られている名称ですが、
他にも面白い名称があるので、皆さんも調べてみてください。

 

それでは、また。

 

事務所内で人気の蕎麦屋

皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

以前に、当ブログで紹介があった「東神田 春日」さんですが、

今月に入り私も頻繁に行くようになりました。

 

というのも、どのメニューも美味しそうで全て食べてみたいと思ってしまったからです。

 

件の「おばけ」も食べてみました。裏メニューというのが通な感じでいいですね。

 

その他にも、シンプルな「もりそば」、具だくさんの鍋焼きうどん、天丼等も食べました。

 

短期間で頻繁に通ったため、店員さんに覚えられてしまいました。

 

まだまだ食べてみたいメニューがあるため、今後しばらくの間は、「春日」さんに通うことになりそうです。

  

それでは、また。

 

明けましておめでとうございます

皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

年末年始は、仕事を持ち帰って書類の作成をしていたため、
あまりゆっくりすることはできませんでした。

そのため、初詣にも行っておらず、まだおみくじも引いておりません。

 

一昨年、昨年と続けて全く同じ内容のおみくじを引いたため、
今年こそは違うおみくじを引いて気持ちを新たにしたいです。

 

寒い日と少し暖かい日が交代で続いておりますが、
体調を崩さないようにして今年も頑張っていきましょう。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2017年もあと少し

皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

本日はクリスマスですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2017年も残すところ1週間を切りました。

つい最近年が明けたと思っていたらもう年末ですから、

昔に比べると時間の経つのが早く感じます。

 

先日、浅草にある「葵丸進」という天ぷら料理店と

「西山」という甘味処に行きましたが、

それぞれ老舗の味で非常に美味しかったです。

皆さんも機会がありましたら、是非行ってみてください。

 

そして、昨今の他の観光名所と同じように、

外国人観光客もたくさん来ていてとても賑わっていました。

浅草は子供の頃から何度も行っていますが、昔と変わらず人情味のある良い場所でした。

 

昨年末は年明けの訴訟準備のため忙しかったですが、どうやら今年もそのようになりそうです。

何故毎年同じスケジュールになってしまうのでしょうか(笑)。

 

とは言え、年末年始ですので適度に休みながらやっていきたいと思います。

 

それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード