レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

-出張・旅行

夏の休日 2017

弁護士の櫻田です。

 

夏季休業中はご迷惑をおかけしました。

17日から営業を再開しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

さて、夏季休業中、私は、今年も、妻の実家のある関西に帰省しました。

車での移動で、やはり、途中、何度か渋滞に巻き込まれましたが、
道中、所々で宿泊しながらでしたので、それほどストレスはなかったです。

 

では、ほぼ城巡りになりますが、立ち寄った場所をご紹介します。

 

画像01

まずは、静岡の駿府城。家康の隠居城です。

官公庁街の中心に、公園として整備されており、特筆すべき遺構はなかったです。

 

画像02

掛川城。木造の復元天守が素晴らしかった。

御殿もあり、規模は大きくないですが、雰囲気がありました。

 

画像03

長篠城。目ぼしい遺構はなし。

長篠の戦いの古戦場巡りにも興味がありましたが、時間の関係でパスしました。

 

画像04

岡崎城。家康の出生城です。

からくり時計があり、30分毎に中から人形が出て踊ります。

 

画像05

松阪城。蒲生氏郷所縁の城。本居宣長記念館も併設されていました。

 

画像06

伊賀上野城。ここは築城の名手・藤堂高虎が築いた高石垣が有名です。

実際に石垣の上に行ってみると、足がすくみました。

 

画像07

奈良の高取城。三大山城の一つ。

城跡の近くまで車で行けますが、それでも少し山道を登らなければなりません。

ここは、虫等との戦い。蚊やスズメ蜂に常に付きまとわれました。
虫よけスプレーをしていなければ悲惨なことになっていたでしょう。
マムシに遭遇しなかっただけ幸いでした。

しかし、山の上とは思えない素晴らしい石垣に出会えました。

 

画像08

画像09

高野山のろうそく祭り。

毎年お盆の13日に開催されているとのこと。初めて行きました。

ものすごい人でしたが、幻想的な雰囲気を味わえました。

 

画像10

紀三井寺。和歌山の名刹です。

 

画像11

和歌山電鉄貴志川線の貴志駅の「にたま」駅長。

初代「たま」駅長の跡を継いでいます。フサフサで意外に大柄でした。

 

画像12

和歌山の粉河寺。石庭園が見事でした。

 

では、食べたものの一部を。今回は、かき氷が多かった。

 

画像13

画像14

掛川城の竹の丸でいただいたかき氷。抹茶とマンゴー。美味しかった。

 

画像15

画像16

画像17

画像18

宿泊した三河安城の「北京亭」での中華。

名物という北京飯(唐揚げを卵でとじたもの)などをいただきました。

 

画像19

画像20

画像21

松阪の「脇田本店」での焼肉。松阪の焼肉は味噌だれが主流。

松阪牛をリーズナブルにいただきました。

 

画像22

伊賀上野城の二の丸茶屋で、またかき氷を。

いちごミルクにバニラアイスが乗っていました。

 

画像23

東名阪道・御在所SAにある赤福で、赤福氷と赤福餅を。

氷は夏季限定で初めて食べましたが、抜群に美味しかったです。

 

いろいろ回って疲れましたが、いい休みになりました。

 

蓮華定院@高野山


弁護士の櫻田です。

成人の日の連休に、高野山の宿坊に泊まってきました。
泊まった宿坊は蓮華定院(れんげじょういん)というお寺。
真田幸村ファンであれば、一度は聞いたことがあるでしょう。
関ヶ原の戦いの後、徳川家康から、父・昌幸とともに、高野山に蟄居を命じられましたが、その際、真田父子が身を寄せていたお寺です。ただ、奥方なども連れ立っていたところ、当時、高野山は女人禁制だったので、すぐに、高野山の麓の九度山に移ったようです。

さて、蓮華定院での様子ですが、まずは、ざっくりとスケジュールを。
15:00~ チェックイン
17:30~ 夕勤行(瞑想)
18:30~ 夕食
19:00~ 風呂(男女別に約1時間ずつ)
06:00~ 朝勤行(読経)
07:00~ 朝食
~09:00 チェックアウト
気になるのは、夕と朝の勤行ですよね。自由参加とのことですが、せっかくの機会なので、私は、夕朝とも参加しました。

では、順を追って、説明します。

画像1
蓮華定院の入口門。立派な門構え。六文銭がありますね。

画像2
前庭。砂利がよく手入れされています。奥にあるのは勤行をする本堂です。

画像3
建物を入ってすぐの廊下。
実は、蓮華定院は以前にも来たことがあったのですが、宿泊しないと、建物の内部には入れなかったのです。なので、前庭までは以前にも見たことがありましたが、ここから先は、初めての体験でした。

画像4
中庭。門の横幅からすると、一見、こぢんまりとしたお寺かと思いきや、奥行きは相当あります。敷地はかなり広いです。部屋数も多く、個人・団体合わせて、200名以上が泊まることができるとのこと。
ちなみに、この日は、私と連れ、女性一人旅の方が2名、外国の夫婦1組の6人だけでした。
連休でしたが、大河ドラマも終わって、真田ブームも一段落したようです。

画像5
敷地内にある供養塔。真田信之と信政のものです。
この蓮華定院は、昌幸の前から真田家との所縁があったとのことですが、昌幸・幸村が九度山に移った後も、高野山における真田家の菩提寺として縁があったようです。

画像6
画像7
画像8
泊まった部屋の様子です。私が泊まったのは「い」の部屋。
部屋といっても、仕切りは襖のみ。動作音は丸聞こえです。ただ、この日は、宿泊客が少なく、隣は空いていました。
部屋の中は、思いの外、快適。不便なことは、テレビがないことくらいでしょうか。昨年から各部屋にエアコンも設置されたようです。個室には、風呂・トイレ・洗面はありません。
チェックインすると、既に布団が敷いてくれてありましたが、この毛布がすごい。威圧感がありました。

画像9
テレビ室。各部屋のテレビがないので、テレビが観たければ、この部屋で。
ちなみに、一応、個室辺りは、Wi-Fiもつながります。ただ、ちょっと電波が弱かった。
共用の水回りも快適です。比較的造りも新しく、お湯も出ます。お風呂も、1時間程度の時間制限はありますが、意外に広く、ゆったりできます。朝風呂には入れませんが。

画像10
本堂近景。17:30からと、6:00から、ここで勤行をしますが、いずれも、その5分前に住職が鐘を鳴らして時間を教えてくれます。

まず、夕勤行の瞑想ですが、薄暗い本堂の中で、胡坐をかいて、両手を、掌を上に向けて、人差し指と親指で輪を作って、膝の上に置く姿勢を取ります。あとは、無音の中、目をつぶって、ひたすら、何も考えない、あるいは、思考をめぐらせます。
事前の説明では40分ほどとのことでしたが、実際は1時間近く続きました。
これが、かなり辛い。足がめちゃくちゃ痺れます。いろいろ考えるというよりは、この痺れをどう乗り切るかしか考えていませんでした。全然修行になっていませんでした。
終わりに、住職からありがたいお話を伺うことができました。

翌朝の勤行は、とにかく、寒い。この日は雨で、寒さは緩やかとのことでしが、それでも、2℃くらい。6時という時間も早いですが、自然と早目に就寝できるので、時間はあまり苦になりません。
住職を始め、お坊さんの読経を聞きます。途中で、お焼香をあげることもできます。
読経の間は、椅子が用意されて、座っていられるので、姿勢は楽です。
終わりに、やはり、住職のお話を聞くことができました。

画像11
夕食。広間で、宿泊客がそろっていただきます。
完全な精進料理です。思っていたよりも豪華。味付けも、薄味ながら、出汁がしっかりと利いていて、あまり物足りない感じはありませんでした。

画像12
夕食の後、限定で公開される上段の間。昌幸・幸村が使用していた部屋を再築しているとのことです(当時の建物は落雷火災で焼失したとのこと)。ちなみに、高野山の建物は落雷による火災の被害が多いようです。現在、高野山の壇上伽藍には、大きな避雷針が設置されているほど。
この上段の間が観たかった。これも宿泊者の特権です。
レプリカながら、昌幸、幸村の肖像画や、幸村が書いた書状を見ることができました。

画像13
朝食。夕食と同様、広間で、皆そろっていただきます。
質素ながら、十分です。豆腐を炊いたのが美味しかった。

画像14
最後に、フロントで売っていたお守り。
六文銭と結び雁金が金箔であしらわれ、漆塗り造りの立派なもの。
2000円とお守りにしては少々値は張りますが、これは買いでした。

長くなってしまいましたが、今回の宿坊レポは以上です。
高野山には年数回は行くので、また機会があれば、宿坊を利用したいと思います。高野山には50以上の宿坊があり、料理やお風呂にこだわったところもあるようなので、いろいろ選ぶのも楽しみです。
ともあれ、今回は、真田家所縁の蓮華定院を満喫することできて、よかったです。

では。

松本出張


弁護士の櫻田です。

先日、松本に出張をしてきました。
月曜日の仕事でしたので、土曜の夜から前乗りして、松本を観光してきました。
松本観光の様子を簡単にご紹介します。

まずは、松本城。
前乗りした理由は、この松本城登城のためです。
実は、前々から、戦国史や城には興味があったのですが、このところ、その興味がやたらと増大しまして、特に、城については、色々書籍を買い漁って勉強をしていました。
その中で、100名城は、10年かかってでも、すべて回ってみたいと思うようになり、そのスタートをこの松本城にしました。
今回は、簡単な紹介に止めますが、いずれ、機会があれば、このブログでも、100名城巡りのレポートをさせていただくかもしれません。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

次は、旧開智学校。
最も古い学校の一つということ。外観は改修中でしたが、木造の洋風建築は、どこか懐かしい雰囲気が漂っていました。
画像6
画像7

旧司祭館。
宣教師の洋風住宅。こぢんまりとしながら、中は、部屋数が多かったです。
画像8

松本市美術館。
松本市出身の草間彌生さん所縁の美術館です。独特の世界観でした。
画像9

市街に突如城の建物が…。
古書店のようでした。さすが松本です。
画像10

では、恒例の食べたものを。

駅直結の「松本からあげセンター」さん。
名物の山賊焼きと唐揚げです。山賊焼きはかなりのボリューム。
画像11
画像12

市街地の「佐蔵」さん。
味噌ラーメンの専門店です。写真はありませんが、建物は蔵でした。
画像13

駅前の「小木曽製粉所」さん。
駅前の立ち食いそば屋さん。立ち食いレベルのそばではありません。茹で立てで素晴らしいコシでした。ざるの小・中・大がすべて均一500円なのも驚異のコスパです。
画像14

当日は生憎の天気でしたが、仕事前にいい観光ができました。
松本城については、紹介し切れませんね。いつか機会があれば、またご紹介します。

夏季休業中・・・


弁護士の櫻田です。

16日までの夏季休業中、妻の実家に帰省しがてら、関西方面(和歌山、奈良、京都、滋賀)を回って来ました。
自宅から自家用車での移動で、道中所々、ひどい渋滞に巻き込まれました。また、関西はとにかく暑かった。連日、36℃超えでした。

では、観光してきた場所の一部をご紹介します。

画像1
高野山奥之院。高野山は何度も訪れていますが、あのピリッとした空気感はやはり独特のものですね。今回は、時間の都合で、金剛峯寺は省略しました。

画像2
 画像3
 和歌山県九度山町にある真田庵(善名称院)。下の写真は、敷地内にある真田地主大権現。この真田庵も、何度も訪れています。
関ヶ原の戦の後、真田昌幸・信繁が蟄居していた庵跡です。信繁は、ここから、決起して大阪の陣へ向かったとのことです。
余談ですが、ここでは、まったくの通りすがりで、偶然お会いしたご住職から大変有難いお言葉(人相占い?説法?)を頂戴しました。・・・内容開示は差し控えます。

画像4
真田庵近くの九度山・真田ミュージアム。真田家の歴史や大阪の陣の様子が説明・展示されています。
NHK大河ドラマ「真田丸」の放送に併せて建設されたようです。大河ドラマでは、信繁の九度山時代はこれからですね。所縁の地を訪れると、放送が楽しみです。

画像5
奈良県橿原市にある神武天皇稜。広大な敷地ですが、鳥居から先は立入禁止。

画像6
同じ橿原市にある今井町の街並み。かなり広範囲にわたって、街並みが保存されています。

画像7
京都府宇治市にある平等院鳳凰堂。高校の修学旅行以来の訪問でした。

画像8
滋賀県長浜市の黒壁スクエア。商店街のアーケードです。ガラス細工が特産品とのこと。

画像9
彦根市の彦根城天守閣+ひこにゃん。天守閣内に入るのに猛暑の中30分待ち。天守閣の中も渋滞していました。うだるような暑さでした。

画像10
ひこにゃん出勤状況@彦根城。

画像11
滋賀県近江八幡市の日牟禮八幡宮。夏祭り中でしょうか。

では、引き続き、食べた物の一部も。

画像12
焼鯖そうめんと焼鯖寿司。黒壁スクエアの老舗店「翼果楼」さんでいただきました。焼鯖そうめんは一度食べてみたかった。味は、予想通りでした。

画像13
近江八幡の「たねや」さん。名物つぶら餅といちご氷。
つぶら餅はこしあん入りで、薄い皮は“カリッ”、“モチッ”とした独特の食感です。
夏限定のいちご氷が最高に美味しかった。人生一番のかき氷でした。

画像14
琵琶湖湖岸のおごと温泉近くの「信玄」さん。炭火焼豚丼、香ばしかったです。

画像15
おごと温泉の宿での朝食。干物バイキングで、好きな魚を卓上で焼いて食べました。

画像16
東名高速・由比PA内のフードコートで由比丼。桜エビのかき揚げは大ボリューム。かき揚げの下には海藻などが隠れていて、マヨネーズがかかっています。揚げ物とマヨネーズで非常に重たかったですが、付属のゆずポン酢の力を借りて何とか完食しました。

長くなってしまいましたね。
ともあれ、久々にプライベートで遠出ができて、いいリフレッシュになりました。
まだ残暑が厳しいですが、心機一転、仕事に邁進できそうです。

ではでは、夏季休業中ご迷惑をおかけしましたが、当事務所は17日から営業していますので、皆様からのご相談・ご連絡をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

函館出張


弁護士の櫻田です。

月曜日(15日)に、依頼者の方と面談をするため、遥々函館まで出張してきました。

出張前日、関東は、春一番が吹き荒れて、気温も20℃を超えるような陽気でしたが、出張当日の函館は寒かった。昼間の時間帯でも、市中の温度計では、-6℃になっていました。
また、断続的に風雪も激しく、行きの飛行機はすんなりと空港に着陸できず、雪雲が通過するまで10分程度旋回待機するほどでした。

画像1

面談を終えた後、せっかく函館まで来たので、海鮮物でも食べようと、函館駅近くの朝市に立ち寄りましたが、既に14時半を回っていたため、多くの飲食店は閉店・・・。

画像2

画像3

時間がなく、何より寒くてあまり外を歩きたくなかったので、朝市のどんぶり横丁でかろうじて開いていたお店へ突入。
うに、かに、いくら、ホタテが乗った海鮮丼を食べて、ようやく人心地が付きました。

依頼者の方との面談を含めて、市街地に滞在した時間は2時間程度だったでしょうか・・・。
面談を終えて、30分弱で、閑散とした朝市を彷徨って、食事を済ませ、バスで函館空港に向かいました。

画像4

画像5

画像6

函館空港に着いた後、雪はさらに激しくなっていました。
離陸前の飛行機の窓には雪が降り積もり、外が見えない状態・・・。
滑走路も、雪で真っ白。

画像7

離陸してしばらくすると、窓外に日没の雲海が広がり、癒されました。

日帰りの弾丸出張でした。
思えば、北大のロースクールを卒業して以来久しぶりの北海道。
もうすぐ北海道新幹線も開通しますし、今度は、ゆっくりと滞在したいです。

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード