レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

-孤高のグルメ

孤高のグルメ37 「炉端バル さま田」@秋葉原

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、久しぶりに事務所近くのお店。

昨今、テレビで取り上げられること多い、「さま田」さんです。

 

実は、事務所近くにありながら訪問したことはなく、一度、行ってみたいと思っていました。

しかし、テレビで放送されると、ランチ時の行列がすごく、いつも入店を断念していました。

先日、近くを通った際、たまたま行列がなかったので、初訪となりました。

 

画像1

画像2

画像3

店舗外観と店外メニュー。

 

画像4

店内メニュー。

注文するのは、決めていました。

とろとろ玉子の角煮かつ丼です。角煮かつはダブルで!

ご飯大盛り無料ですが、この日は普通盛りにしておきました。

 

画像5

画像6

しばし待って、角煮かつ丼ダブルが到着。

何とも、豪快なビジュアル。

 

画像7

さっそく玉子を崩していただきましょう。

いいトロトロ具合です。

 

一見すると、タレがなく、味付け的にご飯に合うのかと思うかもしれませんが、角煮かつ自体にけっこうしっかり味付けがされています。

また、角煮かつの下には、ソース(おそらく玉ねぎベース)がかけられており、ご飯との相性もいい。

 

けど、大きな角煮かつが2本あると、少々重いことも事実。

ですが、細かく刻んだ柚子の皮がたくさん乗せられていて、さっぱり感を与えてくれます。

重いけど、柚子の力で食べ進めることができます。

 

ご飯を大盛りにしませんでしたが、ダブルの角煮かつのボリュームで十分満腹。

長い間、食べたかったけど食べられなかった鬱憤を晴らすことができました。

 

しかし、周りを見回すと、ほとんどの方が角煮かつ丼を注文していました。

 

また行列がないときに、ふらっと立ち寄りたいと思います。

 

孤高のグルメ36 「小作 甲府駅前店」@甲府

弁護士の櫻田です。

 

孤高のグルメも、山梨シリーズが続きます。

 

山梨といえば、ほうとう。

ほうとうといえば、「小作」さん。

ということで、こちらの甲府駅前のお店に訪問しました。

 

画像01

画像02

店舗外観と店外メニュー。

ほうとうだけでなく、居酒屋メニューも充実しているようです。

 

画像03

画像04

画像05

画像06

画像07

ほうとうだけでも、たくさん種類があります。

セットメニューや一品ものも充実しています。

 

ほうとうを軸にして、適当につまみを選びましょうか。

 

画像08

予想に反して、注文後すぐに到着した、かぼちゃぼうとう。

お客さんが多いので、常時煮込んでいるのでしょうか…。

一人前ながら、けっこうなボリュームです。

大きなかぼちゃやじゃがいもがゴロゴロ入っています。

ちなみに、上の画像は食べかけですみません(初めに撮り忘れました)。

 

画像09

カレイの唐揚げ。

ものすごい身が厚いカレイでした。

よく揚がっていて、軟骨もバリバリ食べることができました。

 

画像10

言わずと知れた山梨名物の鳥もつ煮。

山梨外でも割とメジャーになってきたでしょうか。

砂肝とレバー入りで、きんかんはなし。

もつの臭みもなく、美味しかったです。

 

画像11

串焼きの盛り合わせ。

個人的には、このお店で一番のヒットでした。

リーズナブルな上、串も大きく、味もいい。

特に、ぼんじりがよかったです。

 

フォーラム参加で空腹だった胃が満たされました。

山梨のご当地グルメを楽しめてよかったです。

山梨シリーズはこれにて終了。

 

孤高のグルメ35 「たちじゅう園」外@阿倍野

弁護士の櫻田です。

 

健康診断も無事終わり、苦しかった今年の減量も打ち止めです。

なので、引き続き、孤高のグルメを。

 

今回は、けっこう前に大阪に行ったときに立ち寄ったお店です。

阿倍野にある「たちじゅう園」さんです。

 

たちじゅうとは、太刀魚の蒲焼重のことをいうようです。

比較的新しいお店ながら、現地ではかなりの人気店になっているようです。

 

画像01

あべのハルカス。

近くまで行きましたが、入りませんでした。

しかし、周辺を歩く際には目印になって、とても便利です。

 

画像02

画像03

画像04

店舗外観。開店前に行きましたが、既に行列ができていました。

ちなみに、たちじゅうは40食限定とのこと。

早目に並ばないと食べられませんね。

 

画像05

たちじゅうは通信販売でも購入できるようです。

 

開店前に並んだため、1巡目で入店することできました。

店内は狭く、座席は多くはありません。

開店前から並んでもすぐに入店できない方がかなりいました。

 

外で並んでいた際に注文を取ってくれたので、座るとすぐに料理が運ばれてきます。

 

画像06

付き出しのサラダ。太刀魚の骨せんべいも添えられています。

パリパリで美味。

 

画像07

画像08

間もなく、メインのたちじゅうも到着です。

太刀魚の蒲焼って関東ではまず見かけないですよね。

厨房では、炭火で豪快に焼いており、席から見ているだけで美味しいことが分かります。

実際食べると、外側はカリッとした食感で、身はふっくらで軽く、大変素晴らしい。

うなぎの蒲焼よりも軽いですが、タレが濃厚で十分満足することができます。

しかも、ボリュームも十分で、申し分なし。

 

画像09

自家製の練り七味。

味変は山椒ではないようです。

これがまたいい。濃厚なタレに清涼感が加わります。

 

早目に並んだ甲斐があって、スムーズに食べることができてよかったです。

他では代替ができない品かと思うので、機会があればまた訪問したいですね。

 

以下、おまけ。

せっかく大阪に来たからたこ焼きが食べたくなりました。

阿倍野駅前の「やまちゃん本店」さんに立ち寄りました。

 

画像10

画像11

画像12

 

しっとりした昔ながらのたこ焼きです。

アツアツをいただき、大阪の味を堪能することができました。

 

では、また次回。

孤高のグルメ34 「山猫」@養老渓谷

弁護士の櫻田です。

 

久しぶりになってしまいましたが、孤高のグルメです。

 

今回は、かき氷。

 

GW中に、千葉の秘境・養老渓谷にある「山猫」さんに行ってきました。

「山猫」さんは、滝見苑という旅館が経営する「ごりやくの湯」という温泉施設の敷地内(BBQ施設内)にあります。

期間限定でオープンしているそうなので、いらっしゃる方はサイト等で確認することをお勧めします。

 

ちなみに、GWのこの日は、今年のオープン日。

行列ができているだろうとの事前の予想通りになりました。

オープン時間少し前に到着しましたが、数十人の並びができていました。

 

並ぶこと30分くらいでようやく店内へ。

 

画像01

画像02

画像03

画像04

食券制で、食券を購入した後、間借りしているBBQ施設で出来上がりを待つことになります。

メニューは惹かれるものばかりでしたが、この日は、「紅はるかみるく」をチョイス。

紅はるかとはサツマイモの品種です。かき氷でサツマイモは珍しいですからね。

 

食券を購入し、注文した後は、再び、ひたすら待ちます。

一つ一つ丁寧に作っている様子。

注文してから、さらに30分以上待ちました。

 

画像05

画像06

画像07

画像08

お店に到着してから1時間以上待って、ようやくかき氷と対面。

このビジュアル、素晴らしい!の一言です。

イモ餡の加え、角切りまで乗っています。

ちなみに、価格は800円ですが、このクオリティだと、十分に納得できる金額です。

 

食べると、さらに素晴らしい!

氷はフワフワ。しかも、氷自体にミルクが染み込んでいて、ありがちな水っぽさをまったく感じません。

フワフワな上に、濃厚な味がある。

そして、イモ餡も秀逸。サツマイモの味が活かされています。

 

画像09

画像10

こちらは、連れが注文した、「アイベリーいちごみるく」。

少し味見をしましたが、こちらも大変美味しゅうございました。

 

今まで食べた中のかき氷でも、12を争うほど素晴らしかった。

さらに行列は必至でしょうが、真夏の暑い日に再訪したいと思います。

 

ちなみに、現在減量中ということで、今回は、カロリーダウンなかき氷をピックアップしました。

 

孤高のグルメ33 「おぎのや 群馬の台所」@高崎

弁護士の櫻田です。

 

先日、訴訟期日のため、前橋地裁まで行ってきました。

東京からは、上越新幹線で高崎まで行き、そこで乗り換えて前橋に向かいます。

今回は、高崎で乗り換えた際、駅構内で利用した「おぎのや」さんです。

 

ここは言わずと知れた釜飯の有名店です。

近時、弁当では気軽に購入することができますが、店舗でいただけるのは珍しく、立ち寄りました。

 

画像1

画像2

店舗入口と店外メニュー。

釜飯のほか、うどんもあるようです。

 

画像3

店内メニュー。

上州もち豚が美味しそうだったので、釜飯に、豚の生姜焼が付いた「風神」をチョイス。

うどんが付いた「雷神」だと、うどんが食べ放題なのですね…。

 

画像4

画像5

画像6

15時頃の中途半端な時間で、お客さんも疎らだったので、すぐ到着。

この釜飯、久しぶりですが、変わりのない容姿。

弁当と違う点は、釜飯が温かいことでしょうか。

提供時間からして、注文を受けてから炊き上げるものではありませんが、十分な保温がされており、弁当とは違った印象です。

釜飯の具の杏と栗は、とりあえず、外に出してから、最後にいただきました。

もち豚の生姜焼きも優しい味で食べやすい。

サラダ、味噌汁、小鉢のほか、デザートのあんこ餅も付いています。

おぎのやの釜飯には欠かせない漬物も健在です。

 

新幹線乗り換えで忙しない食事ですが、ホッと一息つくことができました。

 

この釜飯は、これから先も、長く旅人のお腹と心を満たしてくれることでしょう。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード