レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

所長弁護士の記事

債権者破産申立て-阿波踊りで有名な徳島市観光協会の破産手続

 

弁護士の櫻田です。

 

報道によると、

 

徳島地裁は29日、徳島市観光協会の破産手続き開始を決定した。徳島市の阿波踊りに4億円余りの累積赤字が生じている問題を巡り、市が債権者として、主催者の一つである協会の破産を申し立てていた。(3/29付け徳島新聞)。


徳島市の阿波踊りに4億円余りの累積赤字が生じた問題で、市観光協会は16日、徳島地裁の破産手続き開始決定を不服とし、高松高裁に即時抗告した。(4/16付け徳島新聞)

 

とのことです。

 

上記報道のとおり、阿波踊り事業を巡っては、徳島市観光協会には多額の累積赤字が生じていたようで、徳島市が債権者として協会の破産申立てをして、破産手続開始決定が出されていましたが、協会はこれに不服として即時抗告をしたようです。

 

阿波踊り事業に関する背景はさておき、この徳島市観光協会の破産手続は、上記のとおり、破産をする債務者(協会)ではなく、債権者(市)が申し立てたものです。

債権者が債務者の破産申立てをすることについて、少し意外に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

破産法では、債権者も破産手続を申し立てることができる旨の規定があります(破産法181項)。債務者自身ではなく、債権者が債務者の破産申立てをすることを「債権者破産申立て」といいます(そのままのネーミングですね)。

 

債権者が破産申立てをするメリットとしては、一般的には、債権回収にあるといえます。

破産をすると、債務者の財産は処分・換価され、その金銭は、破産管財人の報酬などを差し引いた上で、債権者に配当されることになります。

しかし、既に支払不能又は債務超過に陥っていることから、処分・換価する財産がなく、配当がなされないこともあります。とすると、債権者としては、訴訟等をして債務名義を取って、個別に強制執行をすることも検討しますが、債務者の財産内容を把握できないことも多く、強制執行が上手くいかないこともまた多いです。そうであれば、裁判所や破産管財人により、債務者の財産を徹底的に調査してもらった方が、強制執行よりも回収する可能性が高いケースもあり得るのです。

このように、債権回収の効率を上げることが債権者破産申立ての目的といえます。

 

また、仮に債権の回収を図れなくても、債務者が破産をすると債権回収が不能となり、その債権について欠損処理をすることができ、税務上利益になる場合もあります。

 

他方で、債権者破産申立てには、高いハードル(デメリット)もあります。

 

まず、申立てをする債権者の方で破産手続開始の原因(支払不能や債務超過の事実)を疎明しなければならず、こうしたことを調査するのは困難を伴います。

 

また、申立てにあたっては、債権者の方で裁判所に予納金を納める必要があります。予納金額は事案によって異なりますが、債務者が規模の大きい会社などの場合には、数百万円かそれ以上になる場合も多いと思います。

 

あとは、通常の債務者申立てによる破産手続よりも時間・手間がかかるでしょう。債務者による抵抗があること多く、手続が長期化することは珍しくありません。

実際、徳島市観光協会の案件も、破産手続開始決定に対して即時抗告(不服申立て)がなされており、これに対する高裁の判断がなされることになりますが、この辺は序の口でしょう。すぐには終わらないと思います。

 

事業の背景などに関心が寄せられていますが、弁護士としては、破産手続の面からも、今後の推移を見ていきたいと思います。

 

三角スケール

弁護士の櫻田です。

 

突然ですが、「サンスケ」ってご存知ですか?

 

サンスケは略称で、正式名は「三角スケール」といいます。

Wikipediaによると、三角スケールとは、「縮尺定規の一種で、縮尺図面の製図や読み取りの際に用いられる物差し」と定義されています。

要するに、地図など1/100とか1/500に縮尺された図面における距離を、縮尺計算なしに直接読み取れる定規のことです。メートル単位で読み取ることができます。

 

三角柱の形をしていて、1つの面で異なる2つの縮尺を読み取ることができるので、1本で6つの異なる縮尺の図面を読むことができます。

当然ですが、小学生がよく使う、三角形の形状をした「三角定規」とは違います。

 

昔、公務員をしていた頃、道路法に基づく許認可や、道路境界の確定の業務をしていたことがあったのですが、その際、日常的に種々の図面を確認する必要がありました。

その頃は、サンスケは必携の道具でした。机の上では、ボールペンと同じくらい取りやすい位置に置いていましたし、現場に行く際は必ず携帯していました。

 

弁護士となって、現在、とある事案で、土地の面積などが争点となっているものがあります。

その案件で、公図や測量図に基づいて、距離や面積にかかる主張・立証をしなければならないことから、久々にmyサンスケを使うことになりました。

 

20180411

 

久々というように、弁護士になってからは、サンスケをほとんど使う機会がなく、サンスケを使ったのは今までせいぜい5件程度でしょうか。

使ったのはほぼ不動産案件ですが、不動産案件でも面積自体が争点となるものはあまりないですからね。

 

縮尺図面の距離を測りたいときに、サンスケは非常に優れものです。

若干の懐かしさを覚えながら、久しぶりにその力を拝借させていただきます。

 

尋問

弁護士の櫻田です。

 

先日、国会で佐川氏の証人喚問があり、大きなニュースになっていました。

国会の証人喚問は、憲法に基づく議院証言法を根拠とするもので、国会の各議院の権能とされています。

 

これに対し、私など弁護士も、訴訟などの裁判で、証拠調べとして、当事者本人や証人の尋問を行うことがあります。

 

一般の方からすると、テレビドラマなどのイメージから、裁判では常に尋問が行われ、法廷でドラマティックなやり取りがなされているものと想像されがちかと思いますが、現実の裁判はそういうわけではありません。

 

確かに、刑事事件では、少なくとも被告人本人に対する質問はありますので、傍聴をしても、それなりに見所はあるかと思います。

 

しかし、民事事件では、尋問が実施される事件の方が圧倒的に少ないです。

訴訟の審理は口頭弁論が建前となっていますが、実際は、期日までに書面や書証(証拠)が提出され、それを形式上陳述するという運用がされています。法廷での期日の多くは、提出された書面や書証の確認という意味合いが大きくなっています。

このような書面や書証により裁判官の心証が形成されることが多いことに加え、当事者双方が歩み寄って和解で終結する事件もとても多いです。

また、尋問を実施すると、事件にもよりますが、半日程度費やしてしまうことはざらにありますので、裁判所としても、尋問を実施するかどうかは必要性を吟味した上で決定することになります。

こうしたことから、民事事件では、尋問まで事件がもつれることは少ないのです。私の経験上も、民事事件で尋問までする割合は低いです。

 

民事事件で尋問をする場合、主尋問と反対尋問があります。

主尋問はその人の尋問を請求した側がする尋問で、反対尋問はその逆になります。

主尋問は、尋問をする弁護士と尋問をされる当事者や証人の利害関係が一致していることが多く、また、尋問前に打合せなどができるので、本番の段取りが組みやすいものです。事前に、想定問答などを用意して、練習することも多いでしょう。

反対尋問は、まったく逆で、相手方の当事者や証人に対して尋問をするものです。また、主尋問での内容を踏まえて尋問しなければならないので、現場対応をしなければならないことが多いです。

弁護士としては、主尋問は事前の綿密な準備が必要となり、反対尋問は現場での臨機応変な対応が必要となります。どちらも大変ですが、主尋問の方がやりやすいという意見が多いかと思います。

 

尋問では、誤導尋問、誘導尋問、侮辱・困惑させる質問など、禁止される質問があります。

こうした尋問がなされると、相手方は異議を申し立てることができます。

テレビドラマなどで、「異議あり!」などと弁護士が言う場面がありますが、この禁止事項に対する異議のことです。

この異議も、実際の尋問では、テレビドラマほど頻繁に飛び交うものではないです。

私も異議を申し立てることはありますが、異議を述べる際は、その理由も述べる必要があるので、相当頭の回転を速くしていないといけません。ボーっとしていると、既に受け答えがなされ、異議の意味がなってしまいます。

まぁ、尋問をする弁護士も、禁止事項は熟知しているので、おいそれと異議を受けるような質問はせず、そういう意味からも、異議を出すことは少ないといえます。

 

先日の佐川氏の証人喚問でもあれこれ言われていることですが、尋問をする意味は、その証言を審理に必要な証拠とする点にあります。

証拠とは、純然たる事実です。感情等を含めた評価ではありません。

先日の証人喚問の様子を見て、改めてそう感じました。

 

年度末・年度初め

弁護士の櫻田です。

 

まだ3月ですが、東京では早々と桜も満開となっていますね。

 

さて、年度末・年度初めの時期です。

 

卒業、進学、退職、就職などに伴い、新生活をスタートされる方も多いでしょう。

 

以前も、このブログで書いたかもしれませんが、事務所としては、年度末・年度始めでも、特別なことはなく、通常通りの業務を継続します。

弁護士としては、任期付きの役職があったり、委員会に所属していれば、その変動はあったりしますが、その程度です。

なので、私としては、この時期になると、何となく世間から取り残されたような感覚に陥ります。

 

ですが、いいこともあります。

同じ法曹の裁判官は異動の時期です。異動の直前直後は、裁判の期日が入りません。

期日が入らないので、3月末と4月初めの週は、裁判所に行くことはほとんどなくなります。

もちろん例外もあり、ゼロではないのですが、平常からすると、裁判所に行く機会は激減します。

裁判所に行く機会が減るということは、事務所での仕事に集中できるということです。

普段各地の裁判所を行ったり来たりしているので、事務所で落ち着いて仕事ができるということは大変ありがたいことです。

この機会に、いろいろなことをまとめて処理していければと思います。

 

今年も、事務所での仕事を中心にしながら、年度を跨ぎたいと思います。

 

孤高のグルメ33 「おぎのや 群馬の台所」@高崎

弁護士の櫻田です。

 

先日、訴訟期日のため、前橋地裁まで行ってきました。

東京からは、上越新幹線で高崎まで行き、そこで乗り換えて前橋に向かいます。

今回は、高崎で乗り換えた際、駅構内で利用した「おぎのや」さんです。

 

ここは言わずと知れた釜飯の有名店です。

近時、弁当では気軽に購入することができますが、店舗でいただけるのは珍しく、立ち寄りました。

 

画像1

画像2

店舗入口と店外メニュー。

釜飯のほか、うどんもあるようです。

 

画像3

店内メニュー。

上州もち豚が美味しそうだったので、釜飯に、豚の生姜焼が付いた「風神」をチョイス。

うどんが付いた「雷神」だと、うどんが食べ放題なのですね…。

 

画像4

画像5

画像6

15時頃の中途半端な時間で、お客さんも疎らだったので、すぐ到着。

この釜飯、久しぶりですが、変わりのない容姿。

弁当と違う点は、釜飯が温かいことでしょうか。

提供時間からして、注文を受けてから炊き上げるものではありませんが、十分な保温がされており、弁当とは違った印象です。

釜飯の具の杏と栗は、とりあえず、外に出してから、最後にいただきました。

もち豚の生姜焼きも優しい味で食べやすい。

サラダ、味噌汁、小鉢のほか、デザートのあんこ餅も付いています。

おぎのやの釜飯には欠かせない漬物も健在です。

 

新幹線乗り換えで忙しない食事ですが、ホッと一息つくことができました。

 

この釜飯は、これから先も、長く旅人のお腹と心を満たしてくれることでしょう。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード