レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

所長弁護士の記事

孤高のグルメ40 「中華SOBA にぼ乃詩」@本川越

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、煮干し系のラーメン。

今年オープンの「にぼ乃詩」さんです。

川越支部での期日の際、セメント系の煮干しが食べたくなり、立ち寄りました。

 

画像1

店舗外観。

駅からだと、観光地の蔵の街よりは手前にある立地です。

本川越駅が最寄りです。

 

画像2

画像3

メニュー。営業時間など。

潔く煮干し一本で勝負されています。

煮干しの濃さなどを選べますが、今回の目当ては、最濃の限定「閻魔」。

 

ちなみに、このお店の向かいに、乾物屋さんがありますが、煮干しはここから仕入れているとのこと。地元しかも近隣で材料の流通が賄えるのはいいですね。

 

店内は広くはありません。カウンターのみで、バーのような造りです。

席は6席。そのうち2席はお二人様専用です。

 

注文は口頭で。

限定の閻魔はまだありました。肉増しにしましょう。

 

店主さんお一人で回されています。

カウンターから丁寧な仕事ぶりを拝見できるのは楽しいです。

 

画像4

そうこうしているうちに、閻魔が到着。

スープは、色からしてどセメント!粘度はかなりあります。

ちなみに、スープは動物系のダシは一切入っていないとのこと。

豚や鶏を使わずに、煮干しだけでこの濃度はすごい。

具の盛付けも美しい!肉増しにしたので、豪華です。

 

画像5

麺は、細目のポキポキ系。

煮干しラーメンの定番のものです。

歯切れがよく、とても美味しい。

 

画像6

肉のアップ。ホロホロ崩れるほどに柔らかい。

 

画像7

麺量は多過ぎずでちょうどいいのですが、あまりの美味しさにあっという間に完食。

 

画像8

そんなときは、「あえ玉」を追加注文します。

あえ玉とは、替え玉のようなものです。けど、煮干しラーメン系では、魚粉、油、具などを絡めて提供され、あえ玉と称されることが多いです。

私は、あえ玉があると、注文せざるを得ません。

 

画像9

半分くらいそのまま食べた後は、残ったスープに投入。

閻魔スープに絡めて、ファイナルラウンドを堪能します。

 

いやー、肉増しとあえ玉で満腹・満足です。

なのですが、動物系オフスープの効果か、変にもたれることがなく、意外にスッキリしています。

また、極濃なのですが、塩分は適度で、食後、喉が渇くということもなかったです。


また煮干しを補給しに訪問させていただきます。

いつもながら、全体的にインスタ映えしない色合いの画像が多く、失礼しました。

 

孤高のグルメ39 「カラシビつけ麺 鬼金棒」@神田

弁護士の櫻田です。

 

久しぶりになりましたが、孤高のグルメです。

 

辛いものが無性に食べたくなり、神田の「鬼金棒」さんを訪問です。

ここは、つけ麺とラーメンで、提供する店舗が別になっています(両店舗は隣接しています)。

今回は、夏ということもあり、つけ麺の店の方に行きました。

 

画像1

神田駅からすぐ。事務所からも歩いて行くことができます。

数年ぶりの訪問になりますね。

 

画像2

麺量は、同料金で、並・中・大から選択できます。

カラ(唐辛子)とシビ(山椒)の量も選択可能です。

以前は、ものすごく辛く痺れた記憶がありましたが、今回、カラシビは少なめにせず、普通でお願いしました。麺量は中で。

 

画像3

画像4

しばらく待って、まずはつけ汁が到着。画像がピンボケしていてすみません。

唐辛子がけっこう乗っています。

肉増しにしたので、つけ汁の中には塊のチャーシューが入っています。

 

画像5

遅れて麺も到着。

中で、多くも少なくもなく、適量です。

 

画像6

では、麺をつけ汁につけていただきましょう。

つけ汁はやや油が多い印象ですが、つけ麺としてはいいかもしれません。

 

辛い!痺れる!の刺激を期待していましたが、食べ進めると、思ったほど辛くも痺れもない…。

しばらく行かなかった間に、マイルドチューニングしたのでしょうか?

それとも、以前は、カラシビを増しで注文していたのでしょうか?

 

真相は定かではありませんが、期待していたほどのカラシビはなくやや残念。

 

けど、つけ麺としては、とても美味しかった。

 

次回は、カラシビは増しでいきましょうか。

 

相続問題が関連する案件が増えています

弁護士の櫻田です。

 

残念ながら、人は必ずいつか亡くなるものですが、法的には、人が亡くなると、相続が発生します(民法882条)。

 

もちろん、当事務所では、遺産分割、相続放棄など、直接相続に関連する案件も広くお受けしています。

 

しかし、最近、例えば、借金問題など直接相続に関連しない案件で受任して、その後に、当該案件について、相続問題が発生することが多くなっています。

依頼者様ご本人が亡くなられたり、依頼者様のご家族が亡くなって依頼者様が相続人となったりするなど、相続に関するご相談が増えています。

 

弁護士としては、受任した事項に関して代理権がある(例えば、債務整理であれば、債務整理に関する代理権のみ)ので、当初から依頼を受けていない相続問題について、直ちに代理人として活動することはできません。

そうはいっても、私としては、相続問題は、例えば、債務整理であれば、その問題と密接に関連するので、直接依頼を受けていないからといって、無関与でいることはできません。

直接依頼を受けるかどうかは別にして、少なくとも、問題の概要や採るべき手段についてアドバイスはさせていただきます。

そして、アドバイスをさせていただいた上で、場合によっては、別途、相続問題について依頼を受けることもいたします。

 

このように、当事務所としては、受任後に発生した受任外の相続問題についても、トータルサポートをさせていただいておりますので、ご安心して相談いただければ幸いです。

 

明後日(8/11)から夏季休業になります

弁護士の櫻田です。

 

この記事を書いている時点(8/8)で、台風13号が接近しており、東京は風雨が強くなっています。

今夜から明日朝にかけて、千葉に最接近又は上陸する見込みとのことで、風雨はさらに強まるでしょう。

交通機関への影響が心配なので、予定の繰り延べなどの調整をしているところです。

 

さて、再度のお知らせになりますが、明後日(8/11)から当事務所は夏季休業となります。

私の事情で、今年は、例年よりも長目に設定させていただき、土日を含めると、19日までお休みさせていただきます。

ご相談を検討されている方や受任中の方々には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

夏季休業というと、私の感覚では、「ようやく一年の半分か」と錯覚してしまいます。

もう8月なので、一年の2/3近くを経過しているのですが、この時期にようやくまとまった休みが取れるので、仕事の感覚として、そう思ってしまうのかもしれません。

だからこそ、夏季休業が終わった後の時間経過がなおさら早く感じてしまうのでしょう。

夏季休業が終われば、今年もあと4ヶ月ですから。

 

今年の夏は、旅行などはできないかもしれませんが、夏季休業後のスパートに向けて充電をしたいと思います。

 

皆様も、よい夏休みをお過ごしください。

今時の法学部生は法曹を志望しない!?

弁護士の櫻田です。

 

報道によると、

730日の法科大学院等特別委員会において、東大・京大など全国38大学の法学部に在籍する14年生までの学生を対象に文科省と法務省が実施した「法曹志望に関するアンケート」の調査結果が報告された。

●将来の第一志望の職業は?

①国内企業:27.5%

②地方公務員:24.4%

③国家公務員:16.3%

④法曹等:13.2%

●法曹等を志望する人の不安や迷いは?

①司法試験に合格できるか、自分の能力に自信がない:64.0%

②自分に法曹等としての適性があるか分からない:43.1%

③他の進路(例えば国家公務員や民間企業、研究職等)にも魅力を感じている:37.0%

④大学卒業後、法科大学院修了までの経済的な負担が大きい:27.9%

●法曹等の仕事に魅力を感じない理由は?

①体力的・精神的に負担が大きい仕事だと思うから:58.4%

②訴訟対応が仕事の中心で活躍の場が限られている仕事だと思うから:24.3%

③ワークライフバランスの実現が困難であると思うから:20.7%

④経済的に安定していないと思うから:11.0%

とのことです。

 

法曹とは、裁判官、検察官、弁護士のことですが、法学部生で法曹志望は13%なのですね…

しかも、体力的・精神的に負担が大きいから法曹は敬遠される傾向にあるのですね…

そして、企業や公務員が人気になるのですね…

 

司法制度改革により、法曹、特に弁護士を取り巻く状況は激変しました。

訴訟件数など現実的な法的ニーズはあまり変わっていないにもかかわらず、弁護士数が急増したことで、仕事がない弁護士が多くなっています。

中には、弁護士の仕事では食べていけず、登録を取り消す方もいます。

 

このような状況では、法曹の卵といえる法学部生も、法曹を志望しない方がむしろ賢明かもしれません。

仮に、私の身内に法曹志望者がいたとしたら、法曹になることを手放しに勧めることはしないかもしれません。

 

とはいえ、こうしたアンケート結果は、個人的には寂しいものがあります。

 

弁護士という自分の職業に人気がないことも理由の一つですが、それだけではありません。

 

私は、法学部出身ではなく、大学卒業後、公務員として働いていました。その後、一念発起し、法科大学院を経て、弁護士になりました。

弁護士の仕事の負担、自分の能力、経済事情など、様々な不安やリスクがある中で、自分を律してきたつもりです。

こうした不安やリスクを乗り越えてきたからこそ、今、弁護士として何とか働けているのだと思います。

 

今時の法学部生の多くは、不安やリスクの先にある弁護士を初めから目指すことすらしないのでしょう。

賢明といえば賢明ですが、やはり寂しいものを感じます。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード