レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

最新の解決事例

最新の解決事例-個人再生78

Q様/50代/男性/東京都在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

Q様は、服等の物品購入費や飲食費をリボ払いで支払う生活を数年間続けられていました。その結果、毎月の返済額が増大し、このままではより支払いが困難な状況になると考え、当事務所にご相談に来られました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収30万円

資産:預貯金52万円、退職金見込額133万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

500,000

20,000

Bカード

2,000,000

70,000

Cカード

2,200,000

80,000

合計

4,700,000

170,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

Aカード

100,000

3,000

Bカード

420,000

12,000

Cカード

470,000

13,000

合計

990,000

28,000

 

<コメント>

Q様は破産を避けたいとのご希望でした。そして、債権者に対する支払原資も十分に準備できる家計状況でしたので、個人再生手続を選択しました。

債権者数が少なかったのですが、これまでの経験上、再生計画案に積極的に反対することがなかった債権者だったため、小規模個人再生で申立てをしました。

そして、申立てから5ヶ月後、無事、再生計画の認可を得ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

最新の解決事例-個人再生77

P様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

P様は、ご自身が単身赴任をしていた際に奥様が借入れた債務とお子様の病気の治療費を支払うため、複数の業者から借入れをされていました。また、住宅ローンの返済もあり、毎月の支払額が生活を圧迫するようになったため、ご相談に来られました。

 

<収入・資産の状況>

月収:35万円

資産:預貯金12万円、退職金254万円、保険解約返戻金50万円、建物:0(オーバーローンのため資産価値なし)、山林:7000

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

110,000

10,000

Bファイナンス

570,000

15,000

C銀行

4,440,000

80,000

D銀行

1,010,000

20,000

E社

3,280,000

60,000

F銀行

500,000

3,000

G銀行

1,810,000

29,000

H銀行

1,720,000

69,000

I銀行

210,000

2,000

合計

13,650,000

288,000

J銀行(住宅ローン)

10,880,000

49,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

A社

20,000

500

Bファイナンス

110,000

2,000

C銀行

890,000

19,000

D銀行

200,000

4,000

E社

660,000

14,000

F銀行

100,000

2,000

G銀行

360,000

8,000

H銀行

350,000

7,000

I銀行

40,000

900

合計

2,730,000

57,400

J銀行(住宅ローン)

10,880,000

49,000

 

<コメント>

P様は、賃貸マンションにお住まいでしたが、退職後に戻る予定の自宅を残したいというご希望がありました。そのため、破産手続ではなく個人再生手続を選択しました。

そして、自宅は知人に賃貸されていたため、住宅資金特別条項を付すための要件である「自己の居住の用に供する建物」であることを立証する必要がありました。

そこで、賃貸借契約の経緯、定期借家契約であること及び退職後はご自宅に戻ることを個人再生委員との面談で具体的に述べました。

その結果、住宅資金特別条項付の再生計画案が認可され、無事、自宅を残すことができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

最新の解決事例-自己破産87

A様/60代/男性/東京都在住/契約社員

 

【受任前の状況】

<事情>

A様は、以前、個人再生の手続をとられ、その再生計画に基づく支払いをしていましたが、残業がなくなったことによる収入の減少、また、退職して再雇用された後の給与が減ってしまったことから、支払いが困難になってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収18万円

資産:なし

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

21,000

再生計画に基づく支払いが滞っていました。

Bカード

127,000

C銀行

125,000

Dカード

820,000

Eカード

148,000

F社

50,000

G社

1,403,000

H社

116,000

Iカード

86,000

J社

503,000

K(個人)

1,708,000

L社

437,000

合計

5,544,000

【受任後の状況】

<コメント>

個人再生手続による支払いが不能な状況になっていたことから、自己破産の方針としました。

再生計画が履行不能になったこと、収入減少のほかに買い物等による浪費の事情があったことから、管財手続となりました。

履行不能になった経緯の説明、浪費等の反省による家計の更生をした結果、裁量免責を受けることができました。

最新の解決事例-自己破産86

Y様/40代/男性/東京都在住/派遣社員

 

【受任前の状況】

<事情>

Y様は、自身の趣味である音楽機器の購入費や転職時の生活費を補填するため、複数の業者のクレジットカードを作成してリボ払いをされていました。そして、転職後も収入がなかなか増加せず、これ以上の返済は不可能であると判断されて当事務所へご相談に来られました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収22万円

資産:特になし

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

1,200,000

30,000

B銀行

1,020,000

15,000

C銀行

300,000

10,000

D銀行

510,000

15,000

E銀行

310,000

10,000

合計

3,340,000

80,000

【受任後の状況】

<コメント>

Y様は高額の資産を保有しておらず、債権者への返済原資も準備することが困難であったため、破産手続を選択いたしました。

申立後は同時廃止手続で進めることができ、債権者からのクレームなどもなく、申立てから2ヶ月後に無事免責許可を得ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

最新の解決事例-自己破産85

W様/30代/男性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

W様は、仕事の付き合いがきかっけでギャンブル(パチンコ)にのめり込むようになってしまい、その資金捻出のため、借入を始めました。次第に、返済が厳しくなる中、子も生まれ、その養育費等の負担も増え、返済が困難になってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収36万円(ほか賞与年額70万円)

資産:現金30万円、退職金見込額86万円、財形貯蓄12万円、株式10万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

2,640,000

56,000

Bカード

1,000,000

15,000

C銀行

3,050,000

40,000

D銀行

1,030,000

15,000

Eカード

300,000

20,000

F社

530,000

20,000

G銀行

310,000

10,000

合計

8,860,000

176,000

【受任後の状況】

<コメント>

借入原因がギャンブルによるものでしたが、借金のことや債務整理のことを家族に話すことができない状況でしたので、返済の見込みが立たず、自己破産の方針としました。

免責不許可事由に該当すること、一定以上の資産を保有していたことから、破産管財人が選任されました。ギャンブルの点は、受任後は反省してギャンブルを一切していなかったこと、資産の点は、株式など一定の財産を破産財団に組み入れたことなどの対応をした結果、裁量免責を受けることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード