レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

2019年03月

区切り

弁護士の櫻田です。

 

もう3月も末。年度末ですね。

そして、もう数日で次の元号が発表され、いよいよ平成も最後の1ヶ月となります。

 

さて、弁護士としての私の仕事は、なかなか「区切り」がつけられないものです。

裁判官や検察官と違って、4月から別の場所へ異動ということはありません。

受任している事件も、年度末だからといって、終わりになるわけではありません。

事件が1件終了しても、別の件に対応したり、新件をお受けしたりで、一息つけるわけではありません。

さらに、仕事とプライベートの境も曖昧で、事務所の休日でも仕事をしなければならないことがけっこうあります。

 

まぁ、言ってしまえば、エンドレス・シームレスなわけです。

しかし、このようなことを覚悟した上で弁護士をしているので、特に苦痛には感じません。

むしろ、仕事がなく暇よりも、絶え間なく忙しい方がいいですね。

 

とはいえ、改元で時代が変わるこの時期、公私ともに、いろいろな意味で「区切り」をつけることができそうです。このようなことは本当に久しぶりかもしません。

この「区切り」を糧に、引き続き前に進んで行こうと思います。

 

よく分からない話だったと思いますが、別に弁護士を辞めるわけではありませんし、どこかへ移るわけでもありませんので、この点はご安心ください。

引き続きご愛顧の方よろしくお願いいたします。


孤高のグルメ45 「印度料理シタール」@検見川

弁護士の櫻田です。

 

久しぶりに孤高のグルメです。

 

今回はインドカレー。千葉市の検見川にある「シタール」さんです。

ここは、千葉市民なら知らない人はいないでしょう。インドカレーの老舗で、全国的にも有名です。美味しいインドカレーが食べたければ、間違いのないお店です。私も、長年通っています。

 

最近、店舗の改装ですぐ近所の仮店舗で営業されていましたが、この3月に改装が完了し、新店舗での営業を再開されたようです。

 

画像01

改装後も看板は同じようですが、店内の様子は大分変りました。広くなり、客席も多くなりました。

しかし、人気ぶりは変わらず、けっこう待たなければなりません。

とはいえ、待合室も完備されているので、多少待つことは問題ありません。

 

画像02

ランチメニュー。

お得なセットなのですが、個人的には、単品のカレーから選択をした方が、選択肢が多く、一つの量も多いので、単品の方がお勧めです。

 

画像03
画像04

チキン等の一品料理と、単品のカレー。

タンドリーミックスグリルを注文しましょう。

 

画像05

単品のフィッシュマサラと迷ったのですが、今回は、未食のトリプルカレーセットを選びました。

 

画像06
画像07

ドリンク類。タマリンドフェアをやっているようです。

 

画像08
画像09

30分ほど待って、ようやく店内に。

お冷のボトルとカップが銅製でおしゃれ。アーユルヴェーダ式だそうです。

 

画像10
画像11

卓上のアチャール、チャツネ、はちみつ。

このはちみつがけっこうおいしい。ナンに合うかどうかは、いつも試さず仕舞いですが。

 

画像12

インドカレーのお供はやはりラッシー。シンプルなラッシーが一番です。

 

画像13
画像14

ミックスグリルが到着。骨ありと骨なしのチキンに、シーカカバブ。

炭火焼でどれも香ばしい。

 

画像15

トリプルカレーセット。

カレーは、シュリンプ、キーマ、バターチキン。どれもおいしく、3種も食べ比べできるのはいいですね。中でも、バターチキンは秀逸です。

付け合わせのパコラは、インゲンとナスのフリッターみたいな感じです。

 

画像16

今回は、ナンではなく、バトラを選択。バトラとは、ナン生地を油で揚げたものとのこと。

アツアツでおいしいのですが、油で揚げている分、少し重い感じは否めないかも。

個人的には、カレーにはやはりナンの方が合う気がします。

 

初めてトリプルセットをいただきました。いろいろ食べ比べするのは楽しいですね。

ただ、やはり、単品カレーに、ライスやナン(チーズナンもおいしい)をつけるのがいい感じがします。一つのカレーの良さを十分に堪能することができるので。

 

新店舗でも変わらぬ味に満足しました。

これからもシタールさんにはお世話になり続けるでしょう。

 


平成の次へ

みなさん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

今年もあっという間に3ヶ月が経ち、もうすぐ桜の咲く季節になります。

そして、いよいよ平成という時代が過ぎ去ろうとしています。

 

まだまだ先のことだと思っていましたが、41日の新元号発表まであと10日余りです。

 

次の元号は、既に決まっているものだと思っていましたが、現在も有識者の意見を聞くなどしているため、まだ決まっていないようです。いくつかの最終候補からいよいよ一つを選ぶといった段階なのでしょうか。

 

元号を使用している国は、現在では世界で日本だけとのことですので、このワクワク感は私達しか味わえないものなのかもしれません。

 

平成を振り返ってみると、長期に渡る不況や災害が頻発し、なかなか厳しい時代でした。

これから来る新たな時代は、今よりももっと多くの人々が平穏に暮らしていける世の中になってほしいと思います。

 

それでは、また。

 

春の陽気

弁護士の櫻田です。

 

ここ数日、東京は暖かい日が続いています。

私は、コートも着ておらず、朝から晩までジャケットだけで出歩いています。

 

首都圏でも、ヤマザクラなど、一足先に開花する桜は満開になっているところもありますね。

ソメイヨシノも、もう間もなく開花するでしょうね。

 

陽気は暖かでのんびり行楽したい気分ですが、残念ながら、私は、相変わらず忙殺されています。

 

年度末・年度初めの2週間は、裁判所での期日がほぼ入らないので、何とかそこを目指して頑張りたいところです。

 

では。

 

連絡をくれればいいのに・・・

皆さんこんにちは、事務の末永です。

 

最近立て続けに、建物明渡強制執行の断行時に部屋の中が空っぽになっています。

 

これはとても良いことなのですが、出来れば債務者から事前に連絡があればもっと良いのです。

 

なぜなら、断行当日は、荷物を運ぶトラックやそれなりの人数を手配して、手続きに臨みます。

 

そうすると、荷物が有ろうが無かろうが、費用がかかってしまうのです。

 

こうしたことは、債務者にも説明したりするのですが、それでも連絡が来ることはほとんどありません。

 

本当に最後の最後まで迷惑をかけられることが多いです。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード