レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

2018年07月

夏季休廷前の期日ラッシュ

弁護士の櫻田です。

 

暑い日が続いています。

 

学生はもう夏休みに入ったでしょうか。

 

この時期、裁判所も夏季休廷となります。

 

裁判所や部係によって異なりますが、7月下旬から8月中旬頃にかけて裁判期日がほとんど入らないようになります。

裁判期日が入らないだけで、夏季休廷期間とはいっても、裁判所自体は開いていますが。

 

私も、今週は、夏季休廷前の期日ラッシュです。

しかも、相模原支部、川越支部、沼津支部など、遠目の支部が続きます。

 

熱中症には気をつけて、滞りなく対応したいと思います。

 

では。


孤高のグルメ38 「是空」@今出川

弁護士の櫻田です。

 

酷暑が続いていますね。体調管理には気をつけたいところです。

 

今回の孤高のグルメは、京都のラーメン。

堀川通りの今出川にある「是空」さんです。

…かなり前に訪問したときの記事なのですが、ご容赦を。

 

京都のラーメン激戦区の一乗寺に「高安」さんという有名店がありますが、この「是空」さんは「高安」さんの系列店です。

私は、「高安」さんのラーメンが大好きなのですが、一乗寺は京都駅からアクセスがやや悪いこと、すごい行列に並ばないといけないことから、最近は足が遠退いてしまっていました。

ところが、京都駅から比較的アクセスしやすい場所に「是空」さんがオープンし、「高安」さんに近い味がいただけるので、重宝させてもらっています。

 

画像01

店舗外観。ポップな感じです。

ラーメン店にかかわらず、女性客がとても多いです。

 

画像02

画像03

メニュー。…いつの間にか、メニューが変わっているような。

このときは、未食の牛トロラーメンにしました。

あとは、定番のから揚げ2個もセットでつけましょう。

 

画像04

水差しもオシャレ。鳥の口から水が出てきます。

 

画像05

取り放題のカクテキ。

 

画像06

セットでついてきたサラダ。

 

画像07

画像08

牛トロラーメン。

牛バラ煮の存在感がすごい。かなりの大きさです。

麺は細目で、いい食感です。

スープは、「高安」さんと同様、甘目のもの。豚骨でやや粘度もあります。

メニューが変わっていたようですが、味は変わっておらず、安心しました。

 

画像09

画像10

から揚げ2個のはずが…、3個乗っていました。

1個は分離したのでしょう。

分かりにくいかもしれませんが、1個が相当大きい。

1個が拳大で、ケンタのチキンよりも大きいと思います。

揚げたてあつあつで、美味しくないわけがありません。

 

あまり時間が取れないときに、京都で京都らしいラーメンをサクッと食べられるので、ありがたいです。

また訪問させていただきます。

 

訴訟をするのにかかった弁護士費用は誰が負担する?

弁護士の櫻田です。

 

今回は、訴訟をするのにかかった弁護士費用の負担の話です。

 

弁護士に訴訟の代理人を依頼するとき、弁護士費用(着手金や報酬金)がかかります。

 

このとき、訴訟に対応しなければならなくなったのは相手方のせいなので、弁護士費用も相手方に請求したいと考えるかもしれません(むしろ、このように考える方が多い印象です)。

 

では、仮に訴訟に勝ったとして、自分が依頼した弁護士の費用を相手方に請求することはできるのでしょうか?

 

答えは、残念ながら、原則として、勝訴したとしても、敗訴した相手方に自分が依頼した弁護士の弁護士費用を支払ってもらうことはできません。

訴訟の勝敗にかかわらず、自分が依頼した弁護士の弁護士費用は自分で負担するのが大原則です。

 

なお、勝訴した場合、判決の主文に、「訴訟費用は●●(相手方)の負担とする」と判示されることがあります。

誤解してはいけないのが、ここでいう「訴訟費用」には弁護士費用は含まれません。「訴訟費用」とは、収入印紙等の訴訟にかかった実費などのことをいいます。

ちなみに、この訴訟費用の金額を確定させるためには、別途、訴訟費用額確定処分の申立てという手続が必要です(この手続までする方は少ないのではないでしょうか)。

 

以上のとおり、弁護士費用は自己負担であるのが原則ですが、例外もいくつかあります。

 

例外として代表的なものは、不法行為による損害賠償請求をする場合です。

 

不法行為とは、交通事故案件のように、契約関係のない関係において、自動車を運転して人をひくような違法な行為によって、相手方に損害を生じさせることです。加害者の不法行為によって損害を被った被害者は、加害者に対してその損害を賠償することを請求できるのです。

 

そして、損害賠償請求をした被害者が勝訴した場合、弁護士費用についても加害者に請求することができるというのが判例の考えです。

ただ、交通事故案件の場合、請求できる弁護士費用は、認容された損害賠償額の10%程度が上限になることが多いです。

 

では、今回はこの辺で。

 

当事務所の一部サイトにおける障害発生について

弁護士の櫻田です。

 

現在、当事務所の下記サイトが障害によりアクセスできない状況となっています。

http://www.lear.jp

http://www.lear.jp/saimuseiri/

http://www.lear.jp/koutsujiko/

http://www.lear.jp/rikon/

http://www.lear.jp/saisei/

 

皆様には、当面の間、ご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありません。

 

障害の発生原因等を調査中ですが、可能な限り早期に、復旧に努めたいと考えております。

 

なお、債務整理に関するご相談については、下記サイトをご覧いただけると幸いです。

※債務整理に関するご相談はこちらまで→https://lear-law.com/

 

以上、よろしくお願い申し上げます。

 

 

W杯終幕

 

皆さん、こんにちは。

弁護士の髙橋です。

 

1ヶ月に渡って熱戦が繰り広げられたW杯もフランスの優勝により幕を閉じました。

 

ドイツやブラジルなどの陰に隠れて、さほど前評判が高くなかったフランスが優勝したのは少し意外でした。

私の心情としては、日本を破ったベルギーまたは日本と何度も対戦し、東欧初の優勝国となるクロアチアに優勝してほしかったです。

 

今大会は、多くの強豪国が決勝トーナメントの序盤で敗れ、ドイツにいたってはグループリーグを突破することも叶いませんでした。また、イタリアとオランダはW杯の予選で敗退しています。

 

それに対し、日本を含むアジアの出場国は今大会かなり健闘したと思います。

グループステージを突破できなかった国も最終試合に奮闘し、アジア代表としての矜持を示してくれました。

日本もあと少しでベスト8に進出できたのでしたが、本当に惜しかったです。

 

波乱の多かった今大会を見ると、昔に比べると強豪国との差は縮まってきているのかもしれませんね。

 

次の日本代表監督には、これまで以上に継続性を重視し、日本人の特性を生かしたサッカーを創造してほしいと思います。

 

それでは、また。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード