レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

2017年01月

最新の解決事例-債権回収4

法人のF社様(債権者)からのご依頼。相手方(債務者)に対して約580万円の売掛金債権が未回収となっていた事案。


【ご依頼前の状況】

卸販売業を営む法人のF社様からのご依頼です。

卸先の業者に対する合計約580万円の売掛金債権が未回収となっていました。複数回督促をされていましたが、相手方は一向に支払いをせず、またその対応も不誠実なものでした。

F社様としては、分割でも構わないので、少しでも回収をしたいとのご希望でした。


【ご依頼後の状況】

交渉の経緯からすると、受任した後の相手方の対応や、相手方の支払能力に不安がありましたが、訴訟等やその後の強制執行も視野に入れていました。

ところが、受任通知発送後、電話や直接面談により交渉したところ、相手方は、態度を改め、真摯な対応をしてもらいました。債務額等の事実関係には争いがなく、支払方法(分割払いの金額)の交渉となりました。

任意で、相手方の決算書等を開示してもらいましたが、やはり、資金繰りにそれほど余裕はなかったため、月10万円での分割返済の内容で合意をしました。ただし、相手方からの申出もあり、頭金として、250万円を一時金で返済してもらい、返済期間を短縮することに成功しました。


【コメント】

債権回収の案件は、受任前に、相手方の資力状況を把握するのにも限界があるので、受任して交渉をしてみないとどうなるか分からないことが多いです。

本件は、受任前の経緯からすると、回収の可能性はそれほど高くないとも思えましたが、当方も真摯な対応をした結果、相手方にそれまでの態度を改めていただき、結果、予想よりも、早期の回収が見込めることになりました。合意後も、滞りなく分割金の入金をいただいており、上々な結果となりました。

サンロッカーズ渋谷


こんにちは。弁護士の佐竹です。

週末、青山学院記念館で渋谷サンロッカーズの試合(Bリーグ)を観戦してきました。

Bリーグは、去年の9月22日に開幕した男子プロバスケットボールリーグです。

会場は体育館なので、コートと客席の距離が近く、選手のプレーが間近で観られます。
試合のテンポもよく、ダンクシュートもどんどん決まり、すっかり選手のプレーに魅せられてしまいました。

観戦に行く前は、バスケットやBリーグには全然興味がなかったのですが、
他のチームの試合も観に行ってみたいと思うようになりました。

渋谷サンロッカーズのマスコットキャラクターのサンディくん(ホッキョクグマ)です↓。
サンディくん

台湾まぜそば


こんにちは、事務員Aです。

今日は、事務所の近くにオープンしたばかりの「麺屋こころ」さんに 事務員A・Bで行ってまいりましたので、ご紹介したいと思います。

170127

「台湾まぜそば」とは、太めの麺に、甘辛の肉みそ、刻んだニラ、ネギ、魚粉、卵黄などが トッピングされていて、食べる前に混ぜていただく汁無しの麺料理です。
最近ブームになっているらしく、街でお店をみかけることも多くなっているように思います。
ちなみに、台湾と名前についていますが、名古屋発祥の料理だそうです。

麺屋こころさんはカップラーメンにもなっている有名店ですが、わたしは店舗で食べるのは今回が初めてでした。
期待通りとても美味しく、追飯も「多めで.....」とお願いしたら沢山入れてくれたので、また行きたいと思いました!

自認債権


皆さん、こんにちは。
弁護士の髙橋です。

早いもので年が明けてからもうすぐ1ヶ月になりますが、明けましておめでとうございます。

現在、少々問題のある個人再生案件に取り組んでおります。
具体的には、債権届出期限経過後に債権者から届出のあった債権の取り扱いの問題です。

東京地方裁判所では、債権届出期間経過後に届け出られた債権については、自認債権とする運用です。
自認債権とは、債務者(申立代理人)が届出のされていない債権があることを知っている場合に、その内容等について自ら認めたものをいいます(民事再生法101条3項参照)。
そして、自認債権は、期限内に届け出られた債権と同様に弁済の対象になります。

要は、債権届出期限を過ぎて届出のあった債権について、その存在や金額について認める場合は、一部を除き期限内に届出のあった債権と同様に扱うということです。

ただ、方向性は分かるのですが、自認債権の再生計画案への記載に関する文献がなかなか見当たらず、どのように記載するか検討が必要です。

この自認債権に限らず、前例のない事案への対応は、関連法令の趣旨に遡り、何が妥当かを検討することが肝要です。そして、一度その解を見つければ、今後は同じ事案にすぐに対処することができます。

年明け早々少し頭を働かせなければいけない状況ですが、今年も頑張って参りますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

最新の解決事例-交通事故2

【ご依頼者様】(被害者)

J様ご夫妻/東京都在住/いずれも会社員


【受傷の部位・程度】

ご主人:頸椎捻挫

奥様:頸椎捻挫


【後遺障害等級】

ご主人:14

奥様:非該当→14


【受任前後の比較】

受任前の加害者側保険会社の提示額(損益相殺後)

ご主人:約180万円 奥様:約155万円

受任後に回収した損害賠償金額(損益相殺後)

ご主人:約350万円 ※約170万円UP 奥様:約315万円 ※約160万円UP


【コメント】

J様ご夫妻がレンタカーで高速道路を走行中、後方から普通自動車に追突されてしまった事故でした。J様ご夫妻は、いずれも頸部を負傷し(ムチウチの症状)、約半年間の通院治療を余儀なくされました。

治療の結果、症状は改善せず、症状固定と診断されたため、ご夫妻とも、後遺障害等級認定の申請をしました。結果、ご主人は14級に認定されましたが、奥様は非該当でした。

しかし、奥様についても、ほぼ同様の症状でしたので、異議を申し立てたところ、異議が認められ、14級に認定されました。

示談交渉では、後遺障害等級認定、過失割合(J様ご夫妻の過失なし)について争いはなく、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の金額が争点となりました。

加害者側の保険会社からは上記のような提案がありましたが、弁護士基準には満たないものでしたので、粘り強く交渉をし、結果として、ご夫妻合わせて約330万円増額した形での示談締結に成功しました。

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード