レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

2016年06月

イングリッシュガーデン


こんにちは。
いよいよ全国的に梅雨入りしましたね。夏の水不足を防ぐための恵みの雨と分かってはいるものの、1年を通して私にとっては一番憂鬱な季節の始まりです…。

私は梅雨入りする前に、横浜のイングリッシュガーデンに大好きな薔薇を見に行きました。
ピークは既に少し過ぎてしまっていましたが、約1600種類の薔薇があるそうで、普段あまりお目にかかれない色々な種類のバラが咲いていました。

画像①

この時期は、イングリッシュガーデン内のカフェで、スペシャルビュッフェのランチが期間限定で食べられるそうなんですが、この日はあまり時間がなかったので、断念して帰ってきてしまいました。
来年は、薔薇がピークの時期に行って、できたらビュッフェもリベンジしたいと思います!

画像②

薔薇はもう今年見られませんが、今はアジサイがピークのようなので、興味のある方は是非足を運んでみてくださいね。

孤高のグルメ9 「らーめん紬麦」@秋葉原


こんにちは、弁護士の櫻田です。

今回も、ラーメン。秋葉原駅近くの「紬麦」さんです。

前回の「七彩」さんと同様、ここも、とにかく麺が素晴らしい。
香川県で讃岐うどんのために開発された国産小麦「さぬきの夢」を使用した自家製麺を楽しむことができます。 

画像1
 店舗入口。お店は、昭和通り沿いのビルの地下1階。初めてだと、入口が少々分かり難いかもしれません。 

画像2
 店内メニュー。魅惑のラインナップ。
ちなみに、私は、何度も通っていますが、ラーメンを含め、スープは塩味しか食べたことがありません。やはり、麺を楽しみたいので、スープはなるべくシンプルに、という思いからです。
今回注文したのは、画像のメニューには載っていない夏季限定の「ぶっかけ 塩 大盛」です。

余談ですが、例えば、中華料理店の「冷やし中華はじめました」などの広告に、「ああ、夏だ」と感じる方も多いと思います。私にとって、その冷やし中華が、ここの「ぶっかけ」なのです。「紬麦」さんで「ぶっかけ」が始まったな→夏だな、となるわけです。

画像3
 到着。これです。
麺、冷たい塩スープ。トッピングに、チャーシュー、白髪ねぎ、おろし生姜、そして、揚げ玉。 

画像4
 麺リフト。艶々の麺です。素晴らしい。

食べます。
まず、麺の食感が素晴らしい。プッツン、ツルツル、シコシコ…。味はもちろん美味しいのですが、この麺を咀嚼する行為自体、言ってみれば、快楽に通じるものがあります。やめられない、とまらない。いつまでも続けていられる、終わってほしくない。
スープは、けっこう塩味がありますが、麺の素晴らしさを邪魔しない絶妙なバランス。
トッピングは、揚げ玉がいい仕事をしてくれます。サクサクと、違う食感を加えてくれます。

本当にあっという間に完食です。
食べ終わった途端に、次はいつ食べに来ようと考えてしまっている。そんな食べ物ってそうないですよね。

ともあれ、この「ぶっかけ」で、今年も夏が始まりました。

レアール法律事務所への行き方~JR秋葉原駅編~


こんにちは!
今日は、JR秋葉原駅から当事務所への道案内をしたいと思います。
最寄駅は、いろいろあるのですが、今回はJR秋葉原駅からの道順です。

ちなみに当事務所の最寄駅は以下の通りです。
★JR 秋葉原駅(昭和通り口)【徒歩6分】
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅(4番出口)【徒歩5分】
つくばエクスプレス 秋葉原駅(A3出口) 【徒歩6分】
都営新宿線 岩本町駅(A4出口)【徒歩5分】
JR 浅草橋駅(西口)【徒歩6分】

それでは、道案内スタートです!

IMG_9116

JR秋葉原駅 昭和通り口の改札を出たら、まっすぐ進みます。

直進すると信号にぶつかります。この大きい道路が昭和通りです。

IMG_9118

信号を渡ります。

IMG_9119

信号を渡ると正面に「幸楽苑」という飲食店、右前に「三菱東京UFJ銀行」があるので、その間の道に入ります。

「セブンイレブン」「カラオケ パセラ」「HOTELフレンド」などを通り過ぎ、そのまま、まっすぐ進んでください。

3~4分程歩くと、右手に公園があります。

IMG_9121

公園が見えたら手前を右折です。

IMG_9123

青島ラーメンが右手に見えます。

IMG_9124

すぐに突き当たります。

IMG_9125

突き当ったら左折です。

IMG_9126

ここまで来るともうレアール法律事務所のあるビルが見えてきます。

IMG_9128
右手にあるクリーム色のビルがゴールです♪
エレベータで4階へお越しください。

いかがでしたか?
当事務所へお越しの際に、道がわからなくなったり、困ったことがあれば、お気軽にお電話でお問合わせくださいね!



最新の解決事例-不動産3


山林の所有者様からのご依頼。代々所有している山林に、第三者が建物を建てて居住。建物収去及び土地明渡しを成功させた事案。

【ご依頼前の状況】

首都圏郊外で代々山林を所有しているオーナー様のからのご依頼です。

前所有者である依頼者様の父が、戦後間もない頃、住む場所を提供してほしいと懇願してきた者(5人程度の家族)に対し、所有山林の一部を無償で利用すること(使用貸借)を許諾しました。これを受け、その家族は、山林にプレハブを建築し(未登記)、山林での生活を開始しました。しかし、その家族は、許諾の範囲を超えて土地を利用したり、ゴミ等も所構わず廃棄したりしたため、周囲から苦情が出ることもありました。

その後、昭和50年頃、父が他界し、依頼者様が山林を相続しました。依頼者様としては、周囲からの苦情のこともあり、山林から退去してほしいと考えましたが、相手方家族からの懇願もあったため、土地の利用について賃料を支払ってもらう(賃貸借に変更する)ことで合意しました。

しかし、相手方家族からは、一度も賃料を支払ってもらえませんでした。依頼者様は、手紙などで何度も支払いの催促をしましたが、その返事すらありませんでした。

以後、相手方家族も何名か他界したようですが、少なくとも1名は依然として山林での生活を継続していました。

そこで、依頼者様は、山林を相続して35年以上になりますが、自分ではどうしようもできなくなり、また、自身も高齢となり、この問題で自分の子らにも迷惑をかけたくないと考え、本件の解決についてご依頼をいただきました。

【ご依頼後の状況】

まず、山林の使用状況等を確認するため、何度も現地に赴きました。現地では、プレハブ小屋(というにはかなりしっかりした構造でした)があり、ライフライン等の状況を確認すると、生活感が窺えました。しかし、実際の占有者の情報が分からなかったので、住民票や戸籍を調査しました。

次に、相手方を特定した上で、賃貸借契約の終了等を原因として、建物を週居した上で山林から退去していただきたい旨の通知書を発送しました。しかし、それに対する回答はなく、また、改めて、現地を訪ねてみても、相手方に会うことはできませんでした。

そこで、強制執行も見据えた上で、建物収去土地明渡請求の訴訟を提起しました。提訴にあたっては、対象となる土地が広い一筆の土地の一部であったため、測量を実施しました。

結局、相手方は、訴訟に出頭せず、勝訴となりましたが、判決後も相手方と接触することができず、やむなく、建物収去土地明渡の強制執行も申立てをしました。建物収去という大規模な執行となったため、依頼者様の負担がなるべく抑えられるよう業者の選定には特に気を配りました。

断行時、在宅していた相手方と初めて会うことができました。いろいろ不満もあったようですが、執行官から諭され、相手方は身内を頼って退去していきました。

その後、建物解体も滞りなく実施され、山林の明渡しが完了しました。依頼者様の父の代からすると、60年以上にもわたる問題がようやく解決しました。

【コメント】

まずは、戦後間もない頃から続く問題なので、当初からの情報を正確に把握することが難しく、依頼者様の記憶を辿って、丁寧に事実関係を確認するよう心がけました。

また、ややもすれば、取得時効の問題もあることから、法律構成にも細心の注意を払いました。

建物収去のケースでは、依頼者様からすれば、やはり、執行費用(解体費用)がネックになると思いますので、仕事も費用も安心のできる業者の選定には特に配慮しました。
 

火渡り


こんにちは、事務の菊池です。

先日、成田山へ行ったのですが、この日はたまたま火渡りが行われる日でした。
10②

テレビでは何度か見たことがありますが、実際のものは見たことがありませんでした。


開始まで時間があったので、成田山を散策しました。
お寺の裏には大きな池があったり、癒しの空間でした。
10③

午前11時にスタートし、一通りの儀式の後に点火です。
10①

と、残念ながらここで時間切れとなり、この後のメインは見られませんでした・・・

一般の方も参加できるそうです。
年に3回行っているようなので、次回は是非参加してみたいと思います。


最近のアンソニー君です。
良く寝ています。
10④

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード