レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。

2015年09月

司法試験問題の漏えい


こんにちは、弁護士の櫻田です。

8日に、司法試験の合格発表がありましたね。
今年の合格者数は、昨年より40人増加して1850人、合格率は23.1%とのことです。
合格された方、おめでとうございます。数ヶ月後には司法修習が始まりますし、勉強も継続していかなければならないと思いますが、今しばらくは合格の余韻に浸ってください。
結果が出なかった方、想いは様々でしょうが、機会があるのであれば、来年、捲土重来を期し、努力を続けてください。努力したことは無駄にはなりません。必ずあなたの血肉になります。

さて、この合格発表に関連して、試験の考査委員を務める教授が教え子に試験問題を漏えいしたというショッキングな事件が発覚しました。その教授は、国家公務員法(守秘義務)違反の嫌疑で、東京地検特捜部の捜査を受けているとのことです。

捜査中とのことなので、事実の真偽は分かりませんが、司法試験を受験した者からすれば、問題の漏えいをすることも、漏えいを受けることも到底考えられません。
いかなる理由があれ、考査委員が問題を漏えいすることなど言語道断ですが、受験生も、事前に問題や模範解答を知って合格できたとして、それでいいのでしょうか?
不正で合格しても、法曹としての未来はありません。仮に不正が発覚しなかったとしても、自分の中に不正した事実は残り、良心の呵責に耐えられないでしょう。
いろいろなことを犠牲にして、それまで勉強を続けてきた努力は、不正の誘惑に負けるほど軽いものではなかったはずです。

とても残念なニュースでした。二度とこのようなことが起きないことを切に願います。

ビアガーデン


こんにちは。事務の菊池です。

夏といえば、ビアガーデンです。
人生で一度もビアガーデンに行ったことのない私は、今年の夏こそビアガーデンに行きたい!と思い、8月上旬に計画をたてました

が、しかし。

予約がとれず、9月になってしまいました・・・
ビアガーデン人気凄いです

そして待ちに待った9月!

ところが、9月に入ると連日悪天候が続きました。

当日も午前中は雨予報だったので、ダメかもしれないと半ば諦めていましたが・・・

日頃の行いがいいせいか(笑)午後からお天気に恵まれ、無事に初めてのビアガーデンを楽しむことができました

女性をターゲットにしたビアガーデンだったので、フルーツの盛り合わせが食べ放題!
他にも、美肌ドリンクが多数用意されていました。

11


ビアガーデンというと、ビールしかないという勝手なイメージでしたが、色んなお酒が楽しめて楽しかったです。

TKC秋季セミナー

弁護士の櫻田です。


記録的な大雨になっていますね。交通機関にも大分影響が出ているようです。
皆様のお住まいなどに被害は出ていないでしょうか?

さて、昨日、私は、顧問税理士さんからの紹介で、「TKC東京中央会 第18回秋期セミナー」に参加してきました。会場は、お台場のホテル日航東京でした。


新橋から、久しぶりに「ゆりかもめ」に乗ったのですが、残念ながら、大雨で視界は極めて不良。
レインボーブリッジからフジテレビすら見えないくらい霞んでいました。


セミナーの内容は、①前「LINE株式会社」社長の森川亮氏と、②元プロ野球選手の広澤克実氏の講話がメインでした。

IMG_4475

 
森川氏は、「今の社会状況では変化することが当たり前。安定志向では、この社会を乗り切っていけない。逆に、安定した環境では、努力をしなくなってしまう。」などのお話をされていました。
弁護士の世界もまさしくその通りだと思って拝聴しました。


広澤氏のお話は、とにかく熱く、とにかく面白かった。聴衆からの笑い声が絶えませんでした。
中でも印象に残ったのが、野村監督、長嶋監督、星野監督のお話。この3名将すべてから選手として指導を受けたのは自分だけとのことでしたが、この御三方を、信長・秀吉・家康の戦国武将の「ホトトギス」の詩を基にして、こう例えられていました。

野村監督→「鳴かぬなら、頭を使え」
長嶋監督→「鳴かぬなら、鳴くのと替えて」
星野監督→「鳴かぬなら、気合いで鳴かせろ」

ともあれ、素晴らしいお話を聞けて、有意義な時間を過ごすことができました。また、機会があれば、参加したいと思います。 


横浜地方法務局での供託


こんにちは、事務の二ノ宮です。


先日、担保金を供託するために、横浜地方法務局へ行ってきました。

不動産の明渡請求をする場合、訴訟提起前に
「占有移転禁止の仮処分」
という保全手続を行うことがあるのですが、
その保全手続の担保金の供託をしてきました。

例えば、保全処分の手続をせずに建物明渡請求訴訟をして、
勝訴判決を得て、いざ執行!となった時に、
賃借人ではないまったくの別人が住んでいたなんてことになると、執行不能となり、
強制執行ができなくなってしまうのです・・・。
もちろん、事前の調査でその可能性を慎重に確認するのですが、
訴訟の相手方とする賃借人以外の人が住んでいる可能性がありそうな場合は、
保全処分の手続を行った方がいいのです。


横浜地方法務局は、初めて訪れたので、迷わず辿りつけるか不安もありましたが、
いくつかの行政機関が入居している合同庁舎なので、とても存在感ある建物で、
わかりやすかったです。
入館チェックがあり少し驚きましたが、無事に供託を終えました。

横浜といえば、ランドマークタワーや中華街、みなとみらいに山下公園と、
寄り道したいところが盛りだくさんでしたが・・・
仕事ですから、寄り道するわけにはいきません。
名残惜しさはありましたが、桜木町の駅まで歩いている間だけ横浜の光景を堪能し、
そのまますぐに、事務所へ戻りました。
今度は、プライベートでゆっくりと散策したいと思います。

マラソン


みなさん、こんにちは。
弁護士の髙橋です。

まだまだ暑い日は続いておりますが、少しずつ涼しくなってきましたので、
これからは、ランニングやウォーキングにふさわしい季節です。

私も近くの公園やジムで、たまに走ることがあります。
それは、今年2月の東京マラソンに参加して、初フルマラソンを何とか完走し、
マラソンにはまったからです。
ちなみに、個人的な見解ですが、靴はASICS、ウェアはNIKEがおすすめです。

来年2月の東京マラソンと3月の横浜マラソンにも既にエントリーしましたので、
今月と来月の抽選結果が待ち遠しいです。

結果は、またブログで発表したいと思います。

ではまた。

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード