秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。

弁護士の櫻田です。

 

弁護士のスケジュール管理の方法はいろいろですが、アナログの手帳を媒体とするならば、弁護士協同組合の「弁護士日誌」を使用している先生が多いと思います。

私も、事務所で利用しているGoogleカレンダー以外では(アナログ媒体では)、この弁護士日誌を利用してスケジュール管理をしています。

 

弁護士日誌は、協同組合に加入していれば、毎年11月頃、無償で送付してくれます。

日誌のスタートは、11月中旬頃となっているので、私は、この時期、旧日誌のスケジュールを新日誌に書き移して、新日誌の使用を始めています。

この書き移しがけっこう面倒なのですが、Googleカレンダーと併せて、スケジュールの漏れやダブルブッキングの有無を確認できるので、必要不可欠な作業にもなっています。

 

さて、2020年の新日誌ですが、色はなんと赤!私の記憶の限りでは、赤は初めてではないでしょうか。

受け取ったときに、2020は攻めているなというのが第一印象でした。

 

ちなみに、歴代の日誌はこんな感じです。

 

IMG_2634
 

2015年以前は、概ね黒に近い色一択でしたが、2016年以降は年々変化していることが見て取れますね。

 

なお、2018年のものがテープ貼りでボロボロなのは、どういうわけか作りが弱くて、使い始めから、カバーがビリビリ裂けてしまったからです。

私の使い方が悪いと思いきや、周りの先生に聞いても、同じ話を聞くことがあったので、この年はもしかしたら製作費を節約したのかもしれません…。

2019年のものは大丈夫でしたので、2020年のものも丈夫に作られているといいですね。

 

日誌を更新すると、もう年末感が漂ってきます。

実際、今年もあと1ヶ月半。

できることはすべて済ました上で新年を迎えたいですね。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット