弁護士の櫻田です。

 

法律相談をお受けしていると、残念ながら、弁護士では(少なくとも私では)、到底対応することができないような事案があります。

 

最近ですと、次のような相談がありました。


①借金などはないが、多額の税金が未納になっており、その納入に苦慮しているが、どうすればいいか?

→滞納税金であれば、自己破産の免責の対象外ですし、他に借金がなければ債務整理での解決はできません。税金を納付するために借金をすることもお勧めできません。ご自身で税務署と分納の協議をするしかないと思います。

 

②夫がまったく生活費を入れてくれない。自分の給料はほとんどギャンブルにつぎ込んでいるようだ。お金以外のことでは特に不満はないし、小さな子供がいるので、離婚をするつもりはない。このままでは家計が立ち行かなくなってしまうが、どうすればいいか?

→離婚をするつもりがなければ、夫婦でよく話し合って、子供のこと、これからの家計のことを考えていくしかありません。場合によっては、親族なども頼って、夫の自覚を促すことも必要でしょう。

 

50歳を目前に、今は健康で問題なく仕事ができている。しかし、10年後も健康で今の仕事が続けられているか分からない。収入がなくなって借金をしてしまうのではないか不安だ。

→将来の人生設計は、弁護士というよりも、FPやライフアドバイザーに相談すべきでしょう。保険などへの加入を検討すべきことかと思います。

 

自分の悩みをどの専門家に相談すべきなのか分からない方も多いと思います。

相談先が違ってしまい、話すら聞いてもらえないこともあるかもしれません。

ですが、そうしたことを恐れて相談すること自体を躊躇することがあってはならないと思います。

 

当所では、借金問題(特に個人再生や法人破産)を中心に幅広く相談を受け付けております。

ご自身で解決方法が分からなくても、こちらで現在の状況をお伺いして、最適な解決方法をご提案させていただいています。

当所での対応ができないようなことであれば、どこに相談すべきかなどのアドバイスもさせていただきます(上記①~③の→のような感じです)。

ですので、少なくとも、当所に対する相談は、身構えず、リラックスした状態でしていただければ幸いです。