みなさん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

今年もあっという間に3ヶ月が経ち、もうすぐ桜の咲く季節になります。

そして、いよいよ平成という時代が過ぎ去ろうとしています。

 

まだまだ先のことだと思っていましたが、41日の新元号発表まであと10日余りです。

 

次の元号は、既に決まっているものだと思っていましたが、現在も有識者の意見を聞くなどしているため、まだ決まっていないようです。いくつかの最終候補からいよいよ一つを選ぶといった段階なのでしょうか。

 

元号を使用している国は、現在では世界で日本だけとのことですので、このワクワク感は私達しか味わえないものなのかもしれません。

 

平成を振り返ってみると、長期に渡る不況や災害が頻発し、なかなか厳しい時代でした。

これから来る新たな時代は、今よりももっと多くの人々が平穏に暮らしていける世の中になってほしいと思います。

 

それでは、また。