弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、うどん。

少し足を延ばして、所沢にある「うどきち」さんを訪問しました。

自家製のうどんが素晴らしいとの情報で、ずっと行きたいと思っていました。

 

画像01

画像02

店舗外観。住宅街の一角にあります。

駐車場もありますが、広くはないので、車の方は注意が必要です。

 

画像03

画像04

画像05

メニュー。

私は、最初から決め打ちで、カレー肉汁うどん。せっかくなので、ミニジビエ丼ともつ煮も追加。

ツレは、シンプルに肉汁うどん。麺は、ウルトラもち麺を選んでいました。

 

画像06

画像07

まずは、ツレの肉汁うどん(ウルトラもち麺)が到着。

特筆すべきは、やはり麺でしょう。

ツヤツヤピカピカしています。色もやや茶色がかっています。

幅広のものも添えられています。

少し味見をしたら、ただのモチモチではない。

まるで、食感は、うどんというよりも、お麩です。

麺の概念を覆すようなモチモチ具合です。

つけ汁も、具だくさんでとてもいい。

 

画像08

次いで、ミニジビエ丼。

鹿や猪の肉を使用しているとのこと。

硬過ぎずしっかりとした歯ごたえがあります。

獣肉の荒々しさはありますが、臭みはまったくありません。

注文して正解でした。

 

画像09

画像10

画像11

さらに、カレー肉汁うどんが到着。

焦がれたメニューとようやく対面することができました。

麺は田舎麺。薄めで幅広です。食感はワシワシ系ですね。

つけ汁の具は、大量の豚肉のほか、フライドポテトも。食感のアクセントにいいですね。ベースのカレーは、インディラカレー粉を使用されているそうです。

総じて、素晴らしいですね。わざわざ足を運んで食べる価値がある一杯だと思います。

 

画像12

もつ煮。しっかり処理がされていて申し分なし。

 

いつもながらいろいろと欲張ってしまったので、満腹です。

埼玉は、武蔵野うどんで有名ですが、このお店はピカイチかと思います。

再訪させていただきます。