弁護士の櫻田です。

 

久しぶりになりましたが、孤高のグルメです。

 

辛いものが無性に食べたくなり、神田の「鬼金棒」さんを訪問です。

ここは、つけ麺とラーメンで、提供する店舗が別になっています(両店舗は隣接しています)。

今回は、夏ということもあり、つけ麺の店の方に行きました。

 

画像1

神田駅からすぐ。事務所からも歩いて行くことができます。

数年ぶりの訪問になりますね。

 

画像2

麺量は、同料金で、並・中・大から選択できます。

カラ(唐辛子)とシビ(山椒)の量も選択可能です。

以前は、ものすごく辛く痺れた記憶がありましたが、今回、カラシビは少なめにせず、普通でお願いしました。麺量は中で。

 

画像3

画像4

しばらく待って、まずはつけ汁が到着。画像がピンボケしていてすみません。

唐辛子がけっこう乗っています。

肉増しにしたので、つけ汁の中には塊のチャーシューが入っています。

 

画像5

遅れて麺も到着。

中で、多くも少なくもなく、適量です。

 

画像6

では、麺をつけ汁につけていただきましょう。

つけ汁はやや油が多い印象ですが、つけ麺としてはいいかもしれません。

 

辛い!痺れる!の刺激を期待していましたが、食べ進めると、思ったほど辛くも痺れもない…。

しばらく行かなかった間に、マイルドチューニングしたのでしょうか?

それとも、以前は、カラシビを増しで注文していたのでしょうか?

 

真相は定かではありませんが、期待していたほどのカラシビはなくやや残念。

 

けど、つけ麺としては、とても美味しかった。

 

次回は、カラシビは増しでいきましょうか。