こんにちは。弁護士の舩嶋(ふなしま)です。

 

突然ですが、皆様はペットを飼われたことがありますか?

ここ10年程でペットは家族との意識が浸透しつつあり、外で鎖をつないで番犬として飼う人よりも室内で一緒に寝食をともにされる方が多いのではないでしょうか?

 

では、もし自己破産をするときにペットを飼っていた場合、そのペットはどのように扱われるのでしょうか。

 

まず、ペットは法律上「物」(財産)として扱われております(動「物」ですからね)。

 

次に、自己破産をする場合、自分の所有財産は、一部の例外を除いて、原則として処分する必要があります。

そうすると、自己破産をする場合にはペットも財産である以上、全て処分(ここでの「処分」は売却のことです。)しなければならないのが原則となるはずです。

 

しかし、初めにも書きましたが、ペットは家族の一員として扱われるようになってきており、裁判所もそのことを考慮してくれているのかは分かりませんが、調べてみるとペットを処分するといった運用をしていることは基本的にはありません。

 

そもそも、他人が世話をしたペットは買い手がつきにくく、高値で売却されにくい傾向にあるとのことですので、わざわざ手間暇かけて処分させるメリットが乏しいことも原因として考えられるでしょう。

 

もっとも、これはあくまでも一般的なペットの話であって、ペットが馬などのように処分した場合高額になりうる場合は処分されることもあり得るでしょう。

 

以上の話はペットの代金を全て支払っている場合です。

 

仮にペットをローンで購入し、いまだ支払いが完了していない場合には注意が必要です。

 

もしペットローンの契約書に「所有権留保」という条項がある場合、ペットの代金を完済するまでペットの所有権は売り主側(カード会社等)にあることになり、自己破産手続をとることが判明した途端にペットを引き揚げに来る可能性はあります。

 

ただ、先ほども書きましたが、ペットは家族の一員であり、他人が世話をして月日が経っていると買い手がつきにくい傾向にあることから、業者が費用をかけてまで引き上げるメリットが少なく、必ず引き揚げられるというわけではなさそうです。

 

もっとも、それは業者次第、ペット次第ですので、ケースバイケースになります。

 

このように、ペットを飼っている人が自己破産をするからといって必ず処分されるわけではないでしょう。

しかし、あくまでケースバイケースになりますので、もしペットがいるから自己破産を躊躇している方がいましたら、一度ご相談ください。