皆さんこんにちは。事務の末永です。

 

最近、建物明渡の強制執行の催告の際に、
「汚部屋」状態の部屋が増えています。

 

催告の時に初めて、債務者の部屋に入るのですが、
その際、「汚部屋」過ぎて、住んでいるのか、夜逃げしたのか、
判断に困るものが多いのです。

 

先日は、部屋の鍵がかかっておらず、ライフラインもすべて止まっており、
通常だと夜逃げと判断されるのですが、
担当の執行官からは、「念のため、「汚部屋」だから、断行日を入れましょう」と
言われてしまいました。

 

他方、別件では、別の担当執行官からは、
「ライフラインも止まっているし、「汚部屋」だから、今日で終わりにしましょう」と
言われました。

 

この「汚部屋」の写真を貼付できたら、皆さんにも伝わりやすいと思いますが、
催告の際の写真等は禁止されているので、残念ながらできません。

 

この「汚部屋」のせいで、場合によっては、残置物が保管になることもあります。

 

債権者のこちら側としては、一日でも早く、終了させたいのですが、
「汚部屋」だからと言われると、対応が正反対になることもあるので、対応に困ります。

 

せめて、債務者の方で「夜逃げします」など書置きをしてくれればいいのですが、

そんな債務者は、今まで一人もいません。

 

最後まで、本当に迷惑をかけてくれます。