弁護士の櫻田です。

 

先日、訴訟期日のため、前橋地裁まで行ってきました。

東京からは、上越新幹線で高崎まで行き、そこで乗り換えて前橋に向かいます。

今回は、高崎で乗り換えた際、駅構内で利用した「おぎのや」さんです。

 

ここは言わずと知れた釜飯の有名店です。

近時、弁当では気軽に購入することができますが、店舗でいただけるのは珍しく、立ち寄りました。

 

画像1

画像2

店舗入口と店外メニュー。

釜飯のほか、うどんもあるようです。

 

画像3

店内メニュー。

上州もち豚が美味しそうだったので、釜飯に、豚の生姜焼が付いた「風神」をチョイス。

うどんが付いた「雷神」だと、うどんが食べ放題なのですね…。

 

画像4

画像5

画像6

15時頃の中途半端な時間で、お客さんも疎らだったので、すぐ到着。

この釜飯、久しぶりですが、変わりのない容姿。

弁当と違う点は、釜飯が温かいことでしょうか。

提供時間からして、注文を受けてから炊き上げるものではありませんが、十分な保温がされており、弁当とは違った印象です。

釜飯の具の杏と栗は、とりあえず、外に出してから、最後にいただきました。

もち豚の生姜焼きも優しい味で食べやすい。

サラダ、味噌汁、小鉢のほか、デザートのあんこ餅も付いています。

おぎのやの釜飯には欠かせない漬物も健在です。

 

新幹線乗り換えで忙しない食事ですが、ホッと一息つくことができました。

 

この釜飯は、これから先も、長く旅人のお腹と心を満たしてくれることでしょう。