皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

早いもので今年も3月に入り、少しずつ暖かい日が増えてきました。

そして、暦の上では「啓蟄」を過ぎました。

「啓蟄」とは、1年を24の季節に分ける二十四節気の第3番目の季節で、
土の中で冬籠りをしていた虫たちが地上に出てくるという意味があります。

 

ただ、まだアリが地上で動き回っているところを見ていないので、
暦上の季節と実際の季節にはやはり少しズレがあるようです。

二十四節気は、春分、秋分、夏至、冬至といったところがよく知られている名称ですが、
他にも面白い名称があるので、皆さんも調べてみてください。

 

それでは、また。