秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。

弁護士の櫻田です。

新年を迎えたと思ったら、あっという間に2月も終わりですね。

久々の孤高のグルメは、埼玉のご当地うどんです。
さいたま地裁での期日の帰りに立ち寄った「澤村」さんです。
武蔵野うどんは、たまにいただきますが、ゴワゴワした存在感のある麺が特徴です。

画像1
店舗外観。浦和駅から歩いて5分くらいです。

画像2
画像3
画像4
店内のメニュー。
水で締めた冷たい麺を、温かいつけ汁で食べるスタイルです。
つけ汁は、肉汁、鴨汁のほか、シンプルな醤油つゆから選びます。
一番人気の肉汁は既食でしたので、今回は、鴨汁を選択。
天ぷらや小丼などのサイドメニューも充実していますが、この日は、麺を楽しみたかったので、サイドメニューは注文せず、麺を大盛にしました。

画像5
画像6
画像7
10分ほどして、鴨汁うどんが到着。
やはり、まずは麺に注目ですね。初めて食べる人は、硬いなと感じるかもしれません。
実際、歯ごたえはかなりのもの。富士吉田うどんに匹敵する硬さです。
讃岐のようなモチモチ感はほぼ感じられません。
まさに、麺をワシワシ食らうという感じ。喉越しを味わうものではありません。
私は、この質実剛健な麺が大好きです。
つけ汁も秀逸です。鴨の出汁がよく出ています。

画像8
自家製の生七味が備えられています。
半分程度食べ進めた頃に、つけ汁に投入すると、味の変化が楽しめます。
辛味と風味を加えてくれます。

画像9
食べ終わる頃に、つけ汁を割るための出汁を提供してくれます。
これをつけ汁に入れて、最後まで汁を楽しむことができます。

このお店は、浦和でサクッと昼食をとりたいときに重宝しています。
接客も非常に丁寧で好印象です。
浦和駅周辺では、間違いなくおススメのお店です。

では、来月もよろしくお願いします。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット