A様/60代/男性/東京都在住/契約社員

 

【受任前の状況】

<事情>

A様は、以前、個人再生の手続をとられ、その再生計画に基づく支払いをしていましたが、残業がなくなったことによる収入の減少、また、退職して再雇用された後の給与が減ってしまったことから、支払いが困難になってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収18万円

資産:なし

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

21,000

再生計画に基づく支払いが滞っていました。

Bカード

127,000

C銀行

125,000

Dカード

820,000

Eカード

148,000

F社

50,000

G社

1,403,000

H社

116,000

Iカード

86,000

J社

503,000

K(個人)

1,708,000

L社

437,000

合計

5,544,000

【受任後の状況】

<コメント>

個人再生手続による支払いが不能な状況になっていたことから、自己破産の方針としました。

再生計画が履行不能になったこと、収入減少のほかに買い物等による浪費の事情があったことから、管財手続となりました。

履行不能になった経緯の説明、浪費等の反省による家計の更生をした結果、裁量免責を受けることができました。