W様/30代/男性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

W様は、仕事の付き合いがきかっけでギャンブル(パチンコ)にのめり込むようになってしまい、その資金捻出のため、借入を始めました。次第に、返済が厳しくなる中、子も生まれ、その養育費等の負担も増え、返済が困難になってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収36万円(ほか賞与年額70万円)

資産:現金30万円、退職金見込額86万円、財形貯蓄12万円、株式10万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

2,640,000

56,000

Bカード

1,000,000

15,000

C銀行

3,050,000

40,000

D銀行

1,030,000

15,000

Eカード

300,000

20,000

F社

530,000

20,000

G銀行

310,000

10,000

合計

8,860,000

176,000

【受任後の状況】

<コメント>

借入原因がギャンブルによるものでしたが、借金のことや債務整理のことを家族に話すことができない状況でしたので、返済の見込みが立たず、自己破産の方針としました。

免責不許可事由に該当すること、一定以上の資産を保有していたことから、破産管財人が選任されました。ギャンブルの点は、受任後は反省してギャンブルを一切していなかったこと、資産の点は、株式など一定の財産を破産財団に組み入れたことなどの対応をした結果、裁量免責を受けることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF