I様/40代/男性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

I様は、離婚した元妻(2人の子らの親権者は元妻)に対する養育費の支払いに困窮する中、子らの大学や高校進学に伴う教育費の追加援助で借入が増加してしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収20万円(ほか賞与年額90万円)

資産:預貯金20万円、退職金見込額340万円、保険解約返戻金7万円、車3台(価値なし)

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A銀行

2,680,000

50,000

B社

6,100,000

90,000

C社

670,000

保証債務のため支払いなし

合計

9,450,000

140,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

A銀行

1,240,000

21,000

B社

2,830,000

47,000

C社

310,000

5,000

合計

4,380,000

73,000

 

<コメント>

過去に破産をした経緯があったこと、正社員として稼働し給与が安定していたこと、B社が過半数の債権を有していたことなどから、給与所得者等再生の方針としました。

申立後、履行テストも順調に実践され、特段問題となる点がなく、5年弁済の再生計画は無事認可されました。月の返済額は受任前の約半分に抑えられ、家計の立て直しを図ることができました。