L様/50代/男性/茨城県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

L様は、これまでに複数の会社に転職し、安定した収入を得られない期間が続いたため、その間の住宅ローンの返済費と生活費の不足分を借り入れされていました。しかし、その後も収入は上がらず、複数の業者から借入れをして返済が困難になったため、ご相談に来られました。

<収入・資産の状況>

 

月収:23万円

資産:特になし

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

16,740,000

20,000

B社

920,000

43,000

C社

230,000

20,000

Dファイナンス

280,000

9,000

合計

18,170,000

92,000

【受任後の状況】

<コメント>

ご自宅は既に売却され、免責不許可事由もなかったため、破産手続を選択しました。

破産申立後、破産手続開始決定が下りる前に、L様のご親族が亡くなられて相続が発生したので、手続を一旦中断して相続財産の調査をしました。その結果、L様が相続する財産は少額で破産手続に影響はないことが判明したので、相続放棄をしました。

その後は、同時廃止で手続は進み、無事免責許可を得ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF