【ご依頼者様】(被害者)

U様/東京都在住/会社員

 

【受傷の部位・程度】

左距骨骨折,左足関節内骨折,脳挫傷,右膝挫傷,頭部外傷,頸椎捻挫等

 

【後遺障害等級】

127

 

【受任前後の比較】

受任前の加害者側保険会社の提示額(損益相殺後):440万円

受任後に回収した損害賠償金額(損益相殺後):1200万円 ※760万円up!

 

【コメント】

原付自転車を運転していたU様が、十字路交差点を直進しようとしたところ、右側を並行して走行していた自動車が急に左折した際、巻き込まれて、転倒・負傷してしまった事故です。

入院・通院治療の結果、完全には回復せず、その後も、複数回、入院・手術を繰り返しましたが、左足関節の機能障害により、症状固定と診断されたため、後遺障害等級認定の申請をしました。結果、127号の等級認定を受けました。機能障害の程度から、当該等級認定は妥当なものと考えられました。

示談交渉では、後遺症逸失利益、傷害・後遺症慰謝料の金額、過失割合が争点となりました。

特に、後遺症逸失利益については、事故時、U様が20代と若年であったことから、基礎収入が実際の収入ではなく、賃金センサスによる平均賃金での算定になること、労働能力喪失期間が67歳までになることに対して、なかなか相手方の合意を得ることができませんでした。

示談交渉をする中で、提示された賠償額は2倍程度に増額されましたが、依然として、裁判基準による賠償額には満たず、U様も納得はされませんでしたので、訴訟を提起しました。

訴訟では、加害者側は、訴訟前の示談交渉の主張をさらに強く進めて、後遺障害の認定から争ってきました。しかし、客観的な認定結果があり、裁判官としても、訴訟前の等級認定が妥当という心証を形成され、それを前提に和解の勧試がなされました。

裁判官の和解案は、裁判基準に沿った妥当なもので、当方も納得でき、相手方も受け入れることになりました。結果、和解により、1200万円の賠償がなされ、受任前の提示額よりも、760万円の増額を達成することができました。

U様からは、「ここにお願いして本当に良かった」とのお言葉をいただきました。

 

【アンケート】

アンケートPDF