皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

当事務所には、破産や個人再生のご相談に来られる方が多くいらっしゃいます。

そして、契約時にご依頼者へ必ずお伝えすることがあります。

それは、弁護士が介入した後は、新たな借入れ及び返済(家族や友人であっても),ギャンブル等の浪費を絶対にしないようにということです。

 

通常、弁護士が介入した時点で客観的に支払不能であるとされますので、それにもかかわらず、新たな借入れをすることは、返済できないにもかかわらず借入れをしたと解釈され、詐欺行為と判断されるおそれがあります。

そして、弁護士介入後に返済をすることは、特定の債権者を優遇したと判断され、偏頗弁済行為に該当し、管財人の否認権の対象になります。

否認権とは、流出した財産の回復を図る管財人の権利のことです。

 

また、弁護士介入後の浪費行為は、債権者への配当に充てるべき財産を合理的な理由なしに流出させたことになり、詐害行為に該当し、管財人の否認権の対象になります。

 

弁護士介入後に上記行為が行われると、破産の場合、当初は同時廃止手続で申立てられたものが管財手続で申立てせざるをえなくなり、管財費用として20万円を支払う必要が生じ、解決までに少し時間がかかってしまいます。

そして、個人再生の場合も、偏頗弁済額及び詐害行為額を清算価値に計上しなければならず、支払総額が増加するおそれが出てきます。

 

上記のようなことがないように、弁護士との面談前には、債権者の申告漏れがないか(勤務先会社及び個人からの借入れも含む)を慎重に確認してからお越しください。

 

また、銀行引き落としやクレジット払いで定期的に購入の登録をしている馬券や宝くじなどがないかも十分にチェックしてください。

 

それでは、また。