【ご依頼者様】(被害者)

T様/東京都在住/無職

 

【受傷の部位・程度】

左肋骨骨折、擦過傷、右手右足打撲、左血胸

 

【後遺障害等級】

なし

 

【受任前後の比較】

受任前の加害者側保険会社の提示額(損益相殺後)

0円(なし)

受任後に回収した損害賠償金額(損益相殺後)

100万円 ※100万円up!

 

【コメント】

自転車を運転していたT様が、交差点の横断歩道を通行中、後方から左折してきたタクシーに巻き込まれて、転倒・負傷してしまった事故です。

入院・通院治療の結果、完全には回復せず、症状固定と診断されたため、後遺障害等級認定の申請をしましたが、非該当でした。非該当の理由としては、入院期間が短く、また、通院頻度も月1回程度で、また、顕著な他覚的症状もなかったためです。診断書等を検討したところ、異議申立てをしても、結果が覆ることは困難と考えられたため、等級認定は断念しました。

示談交渉では、過失割合(I様の過失なし)について争いはなく、逸失利益、傷害慰謝料、物損(全損自転車の評価)の金額が争点となりました。

特に逸失利益については主張の乖離が激しく、交渉は難航しました。I様はかなりの高齢で、事故時にパート勤務をしていましたが、その継続可能性等が問題となりました。

勤務先にもご協力いただき、また、全損自転車についても刑事記録等を取り寄せ、複数回にわたり、加害者側の共済と交渉をした結果、T様に納得いただける金額の賠償を受ける示談がまとまりました。