【ご依頼者様】(被害者)

O様/千葉県在住/会社員

 

【受傷の部位・程度】

頸椎捻挫

 

【後遺障害等級】

14

 

【受任前後の比較】

受任前の加害者側保険会社の提示額(損益相殺後)

0円(なし)

受任後に回収した損害賠償金額(損益相殺後)

317万円 ※317万円up!

 

【コメント】

自動車を運転していたO様が交差点で停止中、後方から自動車で追突された事故でした。

治療の結果、症状は改善せず、症状固定と診断されたため、後遺障害等級認定の申請をし、結果、14級に認定されました。

示談交渉では、後遺障害等級認定、過失割合(O様の過失なし)について争いはなく、後遺障害逸失利益と後遺障害慰謝料の金額が争点となりました。

加害者側の保険会社からはなかなか提案がなく、まず、こちらから、基準で算定された損害額の賠償請求をしました。これに対し、加害者側の保険会社は繰り返し減額を要求してきましたが、特に減額をする理由もなかったため、粘り強く交渉をし、結果として、ほぼ基準通りの損害賠償を受けることができました。