秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。

弁護士の櫻田です。

 

今回の孤高のグルメは、中華料理。御徒町北口からすぐの「珍満」さんです。

 

初訪でしたが、事前の情報では、街中華の名店とのこと。

特に、やきそば、餃子が人気とのことです。

 

余談ですが、この食事前に健康診断があり、体格・体質を改善するため、その前1ヶ月ほどかなりのダイエットをしていました。ジムでの運動、サウナでの水分抜きのほか、厳しい食事制限。飲食の中心は、水、茶、トクホ飲料、野菜、豆腐、納豆、こんにゃく、オールブラン…など、ほぼ炭水化物・脂質がなく、食物繊維が豊富なものばかりでした。

実際、この「珍満」さんで食べる前は、健康診断直後で、朝から何も飲食しておらず、ほぼガス欠の状態。この食事を待ち焦がれていました。

 

画像1

話を戻して、店舗外観。15時前という中途半端な時間でしたが、けっこうな客入りでした。ほぼ満席。

 

画像2

画像3
メニュー。本来であれば、しばらく悩んで決めるのですが、この日は、入店前から決めていました。

名物という、餃子、焼きそば、そして、ニラレバ炒めです。

ニラレバ炒め、大好きです。餃子は別格の殿堂入りとして、街中華における私の二大巨頭が、ニラレバとホイコーロー。けど、ニラレバの方が、若干地位が高い気がします。

 

画像4

注文後、15秒位で餃子到着。

何ですと!まさか、作り置き?

一瞬疑念が生じたものの、出てきたものは、焼き立てのアツアツ。

実際、食べても、火傷して、口の中の皮が剥けてしまいました。

満席のお客さんのほとんどが注文するので、絶え間なく作っていたのでしょう。

 

画像5
画像6

餃子は大振りで、皮がモチモチ。焼き目もしっかりしています。

餡は、野菜が中心で優しい面も併せつつ、にんにくが効いており、がっつりしたジャンク感もあります。

小型・一口の餃子も、確かに、美味しいですが、私の好みは、大振りなもの。それで、皮が厚めでモチモチながら、焼き目もしっかりしているもの。この餃子は、どストライクでした。

 

画像7
画像8

巨頭のニラレバ登場。

若干野菜の比率が高めかな。レバーは揚げてあり、香ばしく、食感もいいです。

美味しいニラレバです。

 

画像9画像10

やきそば登場。

ここのやきそばの最大の特徴は、麺。

まず、太さ。中華麺の太さではありません。完全にうどんの太さ。

そして、まったくコシがない。市販されている蒸し麺よりもコシがない。持ち上げると、ブツブツ切れてしまうほど。

麺に対する私の理想は、コシが強く、食感がいいものです。この麺は、その理想と真逆。正直、普段なら許せないところです。コシがない麺として市民権を得ている、博多うどんや伊勢うどんなら、コシがない点がセールスポイントでもあるので、そういうものかと理解できますが、通常の麺料理はダメ。

なんですが、このやきそば、トータルで味わってみると、とても美味しいんです。このやきそばであれば、太くて良し、コシがなくて良し。良く分かりませんが、全体として、バランスがとれている。味付けが優しいことが関係しているのでしょうか。流石、老舗の人気メニューだと実感。

 

しかし、少し注文が多かった。ダイエット明けで小さくなった胃袋には少し量が多過ぎました。

後半、お腹が苦しくなりましたが、美味しかったこともあり、何とか完食できました。

 

それまでの食事制限の影響もあり、とても美味しくいただくことができました。

しかし、食事はやはり大事。食べた後は、ガス欠だった体に力が漲る感じがしました。

とはいえ、食べる量には気を付けて、健康には心がけなければ。

今後も、節度を持ちながら、食べ歩きを続けていきたいですね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット