秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。

弁護士の櫻田です。

 

もう6月。あっという間に1年の折り返しです。

 

1年位前でしょうか、このブログで「脱スマホ」についてお話をして、この1年、私のモバイル環境は、脱スマホ状態(ガラケー+iPad)でした。

iPadは、cellularタイプではなく、Wi-Fiタイプで、接続にはWiMaxの小型ルーターを使用していました。

 

さて、この環境を1年ほど続けてみた感想は…、

<良かったこと>

iPadで画面が大きくなり、かなり見やすく、使いやすくなった。

MVNO(格安Sim)を利用したため、ガラケー分を含めて、通話通信料が月5000円程度となり、割安となった。

<悪かったこと>

2台持ちが面倒。さらに小型ルーターも持ち歩く必要あり。

・電池の関係で、使用に併せて逐一ルーター電源を入り切りしなければならずとても面倒。

WiMaxの接続がすこぶる悪い。都市部の屋外なら問題なく繋がり、速度も速いが、郊外、屋内、高所、地下だと、繋がらないことが多過ぎる。特に、地下鉄内はほぼダメでした。外出・出張の度に、タメ息が出ました。

 

このように、使い勝手としては、あまり良くありませんでした。

そこで、思い切って、再度、モバイル環境を変えました。

今度の構成は、

iPhoneSE

②モバイルPCSimフリー機能付き)

です。

 

まず、①iPhoneSEですが、これは、通話と、簡単なメール・ネットワーク接続のためです。これらの目的に限定すれば、大画面の最新型にする必要はなく、むしろ小型で安価なSEの方がいいと考えました。画面が見にくい点は目をつぶり、長文入力等の込み入った作業は、②のモバイルPCで補おうと考えました。

 

次に、②モバイルPCですが、メール・ネットワーク接続のほか、移動中や事務所から離れた場所でも仕事をするためです。大事なのは、Simフリー機能があること。格安Simを利用すれば、ルーターなしで、ネットワークに接続可能です。LTE接続なので、スマホと同じ感覚で利用でき、通信速度もほとんど気になりません。LTEは、郊外、屋内などでもよく繋がります。PCに直接Simを挿入するので、ルーターの電池を気にする必要もありません。

 

そして、①・②とも、接続には、MVNOを利用します。このため、通信量は、①は月6GB、②は月10GB使えるプランで(使い切れなかった分は翌月に繰越可能)、料金は合わせて月5000円程度です。ここには、①の通話料も含めています。

 

結果、近場にサッと出かけるだけの場合には①のみ、少しでも仕事をする可能性がある外出・出張であれば②も併せて持って行く、というスタイルが確立できました。通話通信料は従前と変わりませんし、通信量も十分で問題がありません。

大きな点は、やはり、ルーター要らずで常時接続が可能なことでしょう。スマホを持っていると当たり前のことですが、これがない環境になって初めて、このことの重要さに気が付きました。

 

環境を変更したばかりですが、使い勝手は極めて良好です。

初期の端末代がけっこうな負担となりますが、大手キャリアを利用するのと比べて、いわゆる2年縛りもなく、毎月の負担額もかなり減るので、元はすぐ取れるでしょう。

 

技術は進歩し、将来的には、また環境に変化が出てくるとは思いますが、しばらくはこのスタイルでいきたいと思っています。

 

では。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック