こんにちは、弁護士の長山です。

サクラもすっかり散ってしまい、急に温かくなってきましたね。

 

自宅の近くの公園には何本もサクラの木が植えられていて、今年もきれいに咲いていたのですが、その横の通りには街路樹としてハナミズキの木が植えられています。

毎年、サクラの木が葉桜になる頃になると、ハナミズキの白やピンクの花が咲き始め、通勤の道がとても華やぎます。

木同士が打ち合わせをするわけもないのですが、毎年あまりにうまい具合に入れ替わって咲き始めるので、自然って不思議なものだな~と思っていました。

でも、実はサクラとハナミズキはとても縁が深いらしいのです。

 

アメリカの首都ワシントンD.Cのポトマック川沿いに咲くサクラは日本から寄贈されたものだというのは有名な話ですが、この後にアメリカからサクラの返礼として日本に贈られたのがハナミズキの木だったそうです。

一昨年にはアメリカからのハナミズキ寄贈100周年を記念した切手も発売されていたらしいですが、私は全く知りませんでした。

 

100年以上前にサクラのお礼に日本に贈られた北米原産のハナミズキが日本中に広がって、サクラとともに私たちの目を楽しませてくれているなんて素敵な話ですね。