秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。


弁護士の櫻田です。

旅行先や出張先でのお店紹介が続きましたが、今回は、久々に事務所の近くで。
馬喰町にある「あぺたいと」さんです。事務所から歩いて10分弱程度です。
ここは、両面焼きそばを売りにしていて、メディアで取り上げられることも多いです。私も、少し前に何かのテレビ番組で観た気がします。
ちなみに、私は、今回が初めての訪問でした。

画像1
画像2
店舗外観。券売機は店外に設置されています。
画像3
画像4
店内のメニュー。
構成は、両面焼きそばを軸に、麺量とトッピングを決めて、サイドメニューを付けてセットにするかどうかです。
やや迷って、チャーシュー丼セット(中)に、トッピングに生たまごを注文しました。

画像5
両面焼きそばの極意とのこと。
麺をパリッと焼いてソフト(ジューシー)に仕上げるですと…。最高じゃあないですか。

画像6
焼きそばとスープが到着。
見るからに美味しそうです。麺も所々焦げがあるのが見てとれます。

画像7
では、青のりをかけて、たまごを崩して、いただきましょう。
まず、特筆すべきは、やはり食感!焦げの部分がパリッとして、その他の部分はモチモチ。もやしのシャキシャキ感も心地良し。
麺の太さは中細といった感じでしょうか。太い部類には入らないと思います。
ソースは、関東向けで、甘さが立たないもの。濃くはなく、意外にあっさりいただけます。

画像8
麺アップ。焦げの部分を撮ったつもりですが、分かり難かったですね。

画像9
遅れてやってきたチャーシュー丼。こちらには温玉が乗っていました。
ワカメスープと一緒に美味しくいただきました。

量的には中でちょうどよかったです。セットで大なら少し苦労するかも。
セットもいいのですが、やはり焼きそばが美味しいので、次の機会は、焼きそばのみの大以上で攻めてみたいと思います。

余談ですが、私は、家で、たまに焼きそばを作ることがあります。
その際は、つけ麺用の太麺(生)を買ってきて、少し固めに茹でてから、焼きます。
焼くときは、麺をフライパンに押し付けるようにして、かなりハードに焦げが付くようにします。ここの焼きそばもそうですが、麺に焦げが付くと、食感が良くなり、焼きそばのレベルが数段上がるように思えます。
具は、もやし、きゃべつ、豚肉は必須で、他に加えるかは気分次第でしょうか。
家でソース味にする場合は、少し甘めのもの(おたふくなど)にすることが多いかな。ソース味でなければ、五目あんかけや、マーボー豆腐(マーボー焼きそばは、仙台のご当地麺だったりします)などをかけて食べても美味しいですよ。

ともあれ、事務所近くで焼きそばを食べたいとき、「あぺたいと」さんは有効な選択肢です。

では、次回をお楽しみに。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット