秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。


弁護士の櫻田です。

前回に続き、今回の孤高のグルメも出張先から。
長野駅隣接の商業施設MIDORIの中にある「明治亭長野店」さんです。
本店は駒ヶ根にあり、名物のソースかつ丼を食べることができます。

前回、ご当地のものはご当地で食べるのがいいと言いましたが、長野のご当地グルメというと、個人的には、おやき、そば、山賊焼きの次あたりに、このソースかつ丼がきます。
ソースかつ丼は駒ヶ根に限られず、福島などの他の土地でも有名で、他の土地でも食べることが多いのですが、この駒ヶ根式のソースかつ丼には特にそそられる気がします。

画像1
では、入店して、メニューを。
そばや牛タンなどもありますが、やはり、ソースかつ丼は外せない。
あと、ソースかつ丼で提供されるエビフライも独特なので、これも付いたエビフライとロースかつ丼で決まり! つまみに、馬刺し(小)もいっときましょう。ちなみに、馬肉も長野南部でよく食べられます。馬刺しは、ソースかつ丼と同様、やはり福島など他の土地でもよく見られますね。

画像2
窓の外には、長野駅前の風景。2月中旬でしたが、意外にも雪はほぼ残っていませんでした。

画像3
画像4
卓上には、かつ丼ソースと、美味しいソースかつ丼の作り方のレクチャー。
このソースがあれば、家庭でも再現できるのでしょうか。
でも、ソースかつ丼は、やはりお店で食べたいかな。

画像5
まず、馬刺しが到着。
綺麗な盛り付けです。おそらく部位ごとに盛りを分けているのでしょう。
とても美味しい馬刺しでした。食感が心地いい。ねっちりともっちりの中間という感じかな。
仕事終わりだったので、にんにくスライスもがっつり添えていただきました。

画像6
画像7
画像8
画像9
そうこうしていると、メインのエビフライとロースかつ丼が到着。
標高はどれくらいあるのでしょう・・・。エビフライのそびえ立ち方の立派なこと。かつも盛り上がっています。
エビとかつの下には、これでもかと千切りキャベツが盛られています。
ご飯は普通盛りだったこともあり、外観ほどは多くはなく適量でした。
かつは文句無く美味しい。ソースは甘目ながらしつこくなく、あっさりと食べ進めることができます。
あと、このエビフライが独特です。ソースかつ丼系の店で提供されるエビフライは、衣が非常にしっかりしています。かなりの厚さと固さです。けど、エビ自体もしっかりと大振りのもので、衣がフェイクになっているわけではありません。
ただ、食べ方は、若干テクニックが必要です。別添の取り皿にかつ等を分けながら食べないと、エビ・かつ・キャベツが雪崩を起こしてしまいます。折角なので、ご飯も一緒に食べながらいきたいですもんね。

ともあれ、馬刺しに、ソースかつ、エビフライで、満腹・満足です。
ソースかつ丼は、定期的に食べたいご当地グルメですね。リピートは必至です。

では、次回をお楽しみに。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット