秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。


弁護士の櫻田です。

孤高のグルメです。今回は、出張先の名古屋駅周辺で。

画像1
まずは、手近なところで、新幹線ホームにある「きしめん 住よし」さん。
ここは有名ですね。わざわざここで食べるために、新幹線を途中下車する人もいるのだとか。
これまではさすがに途中下車まではしたくなかったのですが、今回は、名古屋に用事があったので、食べてみることに。

画像2
店外の券売機。メニューは豊富です。
かき揚げ(玉子入り)が一番人気のようなので、それにしましょう。

画像3
画像4
鰹節が大量に乗っていますね。麺は、思ったほど、太くも平べったくもありません。
普通のうどんから比べても、さほど違和感はないでしょう。群馬のひもかわうどんの方がよほどぶっ飛んだ形状をしています。
立ち食いスタイルで気軽に食べることができますが、味は普通に美味しいです。
名古屋駅を利用するのであれば、気軽な選択肢として有効かと思います。

さて、仕事を終えて、名古屋メシでも食べて東京に戻りたいところ。
名古屋メシ・・・、選択肢はいくつかありますが、今回は、少し奮発してひつまぶしでいきましょう。

画像5
ということで、名古屋駅地下にある「稲生」さんへ。

画像6
ありますね。名古屋名物ひつまぶし。
そのままで、薬味を入れて、出汁をかけて、と一度で3回楽しめるのが醍醐味。

画像7
ひつまぶしの前に、おつまみの味噌かつ串。
八丁味噌だれが名古屋ならではです。

画像8
店の名物と言われたので、欲張って注文したえびのかき揚げ。ハーフサイズにしてもらいました。えびがゴロゴロで、衣が薄く、おいしいかき揚げでした。

画像9
そうこうしているうちに、真打ち登場。

画像10
うなぎアップ。うなぎは香ばしくカリカリに仕上がってします。

画像11
では、例に倣って、まず、一杯目はそのままで。

画像12
二杯目は薬味のネギと山葵を添えて。

画像13
三杯目は出汁と薬味をかけて。

堪能しました。どの食べ方も美味しいです。食べ方を変えるからこそ、余計に美味しく感じるかもしれませんね。

山本屋総本家、世界の山ちゃん、味仙など、名古屋メシのお店が東京でもかなり浸透していますが、やはりその土地のものはその土地で食べるのが一番だと思います。

画像14
蛇足ですが、時間がなく、訪れることができなかった名古屋城の遠景を。
仕事ではなく、いつか、プライベートで100名城巡りの際に来なければなりませんね。

では、次回をお楽しみに。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック