法人のF社様(債権者)からのご依頼。相手方(債務者)に対して約580万円の売掛金債権が未回収となっていた事案。


【ご依頼前の状況】

卸販売業を営む法人のF社様からのご依頼です。

卸先の業者に対する合計約580万円の売掛金債権が未回収となっていました。複数回督促をされていましたが、相手方は一向に支払いをせず、またその対応も不誠実なものでした。

F社様としては、分割でも構わないので、少しでも回収をしたいとのご希望でした。


【ご依頼後の状況】

交渉の経緯からすると、受任した後の相手方の対応や、相手方の支払能力に不安がありましたが、訴訟等やその後の強制執行も視野に入れていました。

ところが、受任通知発送後、電話や直接面談により交渉したところ、相手方は、態度を改め、真摯な対応をしてもらいました。債務額等の事実関係には争いがなく、支払方法(分割払いの金額)の交渉となりました。

任意で、相手方の決算書等を開示してもらいましたが、やはり、資金繰りにそれほど余裕はなかったため、月10万円での分割返済の内容で合意をしました。ただし、相手方からの申出もあり、頭金として、250万円を一時金で返済してもらい、返済期間を短縮することに成功しました。


【コメント】

債権回収の案件は、受任前に、相手方の資力状況を把握するのにも限界があるので、受任して交渉をしてみないとどうなるか分からないことが多いです。

本件は、受任前の経緯からすると、回収の可能性はそれほど高くないとも思えましたが、当方も真摯な対応をした結果、相手方にそれまでの態度を改めていただき、結果、予想よりも、早期の回収が見込めることになりました。合意後も、滞りなく分割金の入金をいただいており、上々な結果となりました。