卸販売業を営む法人様からのご依頼。4年近くにわたる衣料品の卸販売に係る代金(売掛金)約1750万円について、利息を付して準消費貸借契約を成立させ、回収に成功した事案。


【ご依頼前の状況】

衣料品等の卸販売業を営む法人様からのご依頼です。

依頼者様は、相手方(法人)に対し、4年近くにわたって、衣料品等の卸販売をしていましたが、相手方は、経営状況が厳しくなったとの理由から、随時、代金を支払うことができなくなり、毎月、利息を付した上で、一定額を分割で支払う旨の申入れをしていました。

しかし、相手方は、支払う分割金の金額も徐々に減少させ、終には、一切支払わなくなってしまいました。未回収の残元金は、1750万円を超えていました。

依頼者様は、自社では回収することが困難と考え、この問題解決(回収)についてご依頼をいただきました。


【ご依頼後の状況】

まずは、個々の取引の状況(売掛金の発生時期、金額等)を特定し、以前に分割払いの約束をした際の条件(支払方法、利息等)を確認しました。その上で、相手方に対し、内容証明郵便で、特定・確認した金額を請求しました。

請求後間もなく、相手方に代理人が就きました。そこで、これまでの経緯を踏まえると、やはり、相手方の支払能力に疑義がありましたので、代理人を通じて、相手方の決算資料等を取得し、経営状況の確認を取りました。

代理人との交渉の結果、残元金に利息(年2.4%)を付した上で、毎月30万円ずつの元利均等払いをする内容の準消費貸借契約を締結し、その内容通りの履行がなされました。


【コメント】

本件では、当事者間の取引が長く、商事消滅時効の問題も発生しかねないと考えましたので、個々の売掛金の発生状況を把握することをまず心がけました。

また、当初は、相手方に資力がなく、回収が困難になるとも予想されましたが、相手方に代理人が就いたことで、相手方の決算資料等を確認でき、その資力に合わせた返済方法を検討できたことが問題解決の助けとなりました。

そのため、訴訟等の法的手続は採りませんでしたが、締結した準消費貸借契約通りの履行をしていただき、依頼者様には大変喜んでいただくことができました。