秋葉原にあるアットホームな法律事務所(弁護士事務所)です。
所長弁護士の櫻田真也が、日々の出来事・雑感、コラム、食レポなどを記します。

弁護士の櫻田です。久しぶりの孤高のグルメになってしまいましたね。

今回は、ラーメン。言わずと知れた都内の人気店「七彩 八丁堀店」さんです。初訪。
このお店の最大のウリは、注文を受けて、粉から製麺する点でしょう。
正真正銘、打ち立て、切り立て、茹で立ての麺が食べられます。

画像1
店舗入口。仕事終わりに伺いました。予想していた行列はなかったです(店内で10分程度待ちましたが)。

入店すると、カウンター内に製麺場所があり、注文が入ると、粉から製麺しています。
メニューの基本は、醤油ラーメン、煮干しラーメン、つけ麺の三種類。あとは、トッピングの違いやサイドメニューです。
醤油か煮干しか迷いましたが、メニュー上位に記載されていた煮干し(肉そば)にしました。
あと、チャーシュー飯も追加です。

画像2
どん!煮干し肉そばです。チャーシューで覆われていて麺が見えません。
ちなみに、麺量は、大・中・小選べます(料金同額)。
私は、かなり空腹だったので、チャーシュー飯を注文したにもかかわらず、大にしました。

画像3
麺リフト。これ、これです。このピロピロ麺が食べたかった。
手打ち感満載です。いい具合にちぢれていて、モチモチです。美味い。
スープは、いわゆる「セメント系」といわれるドロッとした煮干しではありません。
あっさりとした醤油ベースに煮干しの粉末が混ざっている感じ。サラサラで粘度はありません。
とはいえ、しっかり煮干しです。丼底には、煮干し粉が残る感じ。

画像4
サイドメニューのチャーシュー飯。ちょうどいいサイズ。
チャーシューは炙ってあるでしょうか。
山椒の粉もかかっているようです。

美味しく完食です。
やはり、特筆すべきは、麺ですね。出来たての麺を食べられるところは他にないでしょう。
八丁堀は、何かと通過する駅ですので、時間が取れたら、また寄りたいと思います。

では。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック