皆さんこんにちは、事務の末永です。

先日、とある建物明渡事件の被告の退去立会に行ってきました。

現地に着いた時に、近くのゴミ捨て場に、すごい量のゴミ山が出来ていました。

gomiyashiki


もしやと思い、被告にゴミの件を確認したところ、やはり被告が捨てたものでした。

被告は、女性で、一人暮らし。どうすれば、そんな量になるのかと思うぐらいの量です。

こんなに捨てて大丈夫かと被告に聞いたところ、役所は問題ないとのことですが、
ゴミの量を見て、びっくりすると思います。2トンのアルミトラックに全部入るか微妙な量です。

そんな量のゴミを普通のゴミ捨て場に捨てているので、近所の方々もびっくりしながら通り過ぎていました。

おそらく、ゴミ収集車も1回では持って行くことは出来ないでしょう。

その後、被告に対し、部屋の中は片付いたかどうかを確認したところ、「大丈夫です」とのことだったので、中に入ったら、部屋の中は、まさしく「汚部屋」でした。

久々にみるレベルの汚部屋で、靴を脱いで入るのが嫌でしたが、渋々中へ入ると、
壁紙がはがれていて、床は腐っていたり、カビが生えていたり、穴があいている所もありました。

早々に部屋を出て、玄関の所で、穴の件などを聞いてみると、
被告も片付けをしている時に初めて気付いたとのこと。

あの量のゴミですから、日頃から床は見えていないんでしょう。

ちなみに、今まで印象に残る汚部屋トップ5の賃借人は、全て女性です。

あの汚部屋を他の方々へ貸すように出来るまでにかかる時間や費用のことを考えると、気分が滅入ります。

途中で管理会社の方も来て、色々と話しましたが、困り果てていました。

最後の最後まで、迷惑をかける被告でした。