弁護士の櫻田です。

お待たせしました、孤高のグルメです。今回は、とんかつ!
浅草橋と秋葉原の中間くらいにある「丸山吉平」さんです。


店舗入口。ガラス張りです。


券売機メニュー。平日ランチは、少しお得になっています。
今回は、「平日ランチ ロース200定食」を選択しました。
13時過ぎに伺いましたが、さすが、人気店。すぐには座れず、10分程度立って待ちました。


卓上の調味料。定番のソースのほかに、数種類の岩塩、醤油もあります。


カウンターには、「はやしSPF」のシール。使用されている豚肉の銘柄でしょう。


どーん!ロース200定食が来ました!立派なとんかつ!キャベツもボリューミーです。


とんかつのアップ。衣の立ち方も魅力的。


肉の断面。ほんのりピンク色なのが分かりますか?
そう、ここのとんかつは半レアな状態で提供されます。私は、何回も通って信頼しているので、安心して食べますが、予備知識がないと、クレームを入れちゃうかもしれませんね。
ともあれ、まずは、岩塩で2切れほど。食べると、肉の旨味・甘味がしっかりと感じられます。柔らかいけど、適度な弾力もあります。半レアな豚肉をなかなか食べる機会はないですが、この食味・食感は半レアがなせる業なのでしょう。

岩塩を堪能した後は、がっつりとソースと辛子で!もう言うことはありません。一人、寡黙に、肉、キャベツ、ごはん、豚汁を繰り返し頬張る…。至福の時間です。
あっという間に完食。久しぶりに、肉を十分に堪能させていただきました。

この丸山吉平さんは、とんかつが食べたくなったときに、真っ先に思いつく選択肢の一つです。
分厚い、柔らかいといったとんかつを提供してくれるお店は多々ありますが、ここは、肉の味、特に、脂身の味が抜群に素晴らしい。事務所から歩いて5分程度で行けるので、定期的に通いたくなるお店です。いつか、思い切って、「ぼーひれ」や「吉平リブロース」を頼んでみたい。

では、また。