こんにちは、弁護士の櫻田です。


私の数少ない趣味の一つに「食べ歩き」があります。

ネット等で各地の様々なお店を探し、実際に訪れて、食べてみる。テレビ東京で放送されている「孤独のグルメ」風に表現すると、私にとって、これが「最高の癒し」といえるのです。


このブログでも、私の訪れたお店を紹介していければと思っていました。

そこで、今後、「孤独のグルメ」をもじって、「孤高のグルメ」(大仰なネーミングですみません)と題して、私の食レポを不定期に連載していきます。…自然消滅した場合はご容赦ください。


さて、記念すべき第1回は、神田駅の近くにあるラーメン店の「無銘」さんです。

事務所からも歩いて10分くらいです。


IMG_4505

店舗入口。その名の通り、店の看板がありません。店名がないのです。名乗るほどの店ではないということで「無銘」にしたということです。謙虚です。


券売機からメニューを選びます。トップにある「熟成練り醤油」のほか、「塩ラーメン」や「つけ麺」、ご飯類のサイドメニューもあります。


IMG_4506

注文したのは、「熟成練り醤油」(並)です(ちなみに、大盛も同料金です)。中央には、「練り醤油」という魚粉等を丸めたものが乗っています。


IMG_4507

麺は、中太の平打ちです。固めの茹で加減も申し分ありません。


IMG_4508

スープは、あっさりとした鶏白湯ですが、けっこう粘度があります。そして、「練り醤油」を溶くと、スープの味が劇的に変化します。がらりと魚介風になります。


IMG_4509

サイドメニューから注文した「肉めし」。150円と低価格ながら、サイコロ状の炙りチャーシューがゴロゴロと乗っており、ご飯の量も多めで、お得感があります。そして、何より、美味しい。


IMG_4510

あっという間に完食です。…スープまで完飲してしまいました。炭水化物オンリーで摂取カロリーが気になるところですが、ラーメンを大盛にしなかったことをせめてもの懺悔とさせてください。


確か、ご主人は、フレンチかイタリアンの出身とのことですが、この繊細なラーメンからも、仕事の丁寧さが分かります。

また、接客も素晴らしい。一人で切り盛りされているのに、客が帰るたびに、出入口のドアを開けて見送ってくれます。


私は、けっこうなラーメン好きなので、いろいろ食べ歩くのですが、この「無銘」さんは、必ず五指には入るお気に入りです。塩ラーメンやつけ麺も美味しいですよ。再訪するのが楽しみです。


では、「孤高のグルメ」第2回をご期待ください。