こんにちは、弁護士の長山です。

最近朝晩はだいぶ肌寒くなってきましたね。秋も本番です。

さて、秋といえば「○○の秋」といわれるものがさまざまありますが、
私は「読書の秋」ということで
最近よく本を読んでいます。

新しい本も買いますが、読みたい本が見つからない時は、
以前に読んだ本をまた読み直したりすることもあります。

私の好きな本の一つにダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ(「ダヴィンチコード」等です。)があるのですが、先日おそらく3年ほど前に読んだ「ロスト・シンボル」を読み直しました。

ミステリーは結末が分かって読んでも面白くないと思われるでしょうが、
私の場合、先が気になってあっという間に読み終えてしまうせいか、
とにかく内容をすぐ忘れてしまいます。

ですから、3年もたてばまた新たな気持ちで読めるんですね。


今回も3年前と同様に結末に驚くことができました(笑)


皆さんも秋の夜長、たまにはゆっくり読書などしてはいかがでしょう。