レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。


桜の開花

こんにちは、事務の二ノ宮です。

 

春分の日は、真冬のような厳しい寒さでびっくりしました。

3月とは思えない天候でしたね!

早く、春らしいポカポカ陽気になってほしいなと思います・・・

 

しかしながら、そんな寒い中でもうすピンクのかわいい花びらが咲いているのを発見しました!!桜です!桜の花びらが開花していたのです!!!

寒い天候とは裏腹に、春の訪れを感じさせてくれる桜の花びらの存在に、気分が上がり、ほっこりしましたo(*^-^*)o

ニュースでは、東京は317日に開花宣言したと報じられていましたね。

 

せっかく咲いた桜の花びらが、少しでも長く咲いていられるように、暖かい気候が続いてくれることを祈ります!

 

画像さくら

 

「汚部屋」だから

皆さんこんにちは。事務の末永です。

 

最近、建物明渡の強制執行の催告の際に、
「汚部屋」状態の部屋が増えています。

 

催告の時に初めて、債務者の部屋に入るのですが、
その際、「汚部屋」過ぎて、住んでいるのか、夜逃げしたのか、
判断に困るものが多いのです。

 

先日は、部屋の鍵がかかっておらず、ライフラインもすべて止まっており、
通常だと夜逃げと判断されるのですが、
担当の執行官からは、「念のため、「汚部屋」だから、断行日を入れましょう」と
言われてしまいました。

 

他方、別件では、別の担当執行官からは、
「ライフラインも止まっているし、「汚部屋」だから、今日で終わりにしましょう」と
言われました。

 

この「汚部屋」の写真を貼付できたら、皆さんにも伝わりやすいと思いますが、
催告の際の写真等は禁止されているので、残念ながらできません。

 

この「汚部屋」のせいで、場合によっては、残置物が保管になることもあります。

 

債権者のこちら側としては、一日でも早く、終了させたいのですが、
「汚部屋」だからと言われると、対応が正反対になることもあるので、対応に困ります。

 

せめて、債務者の方で「夜逃げします」など書置きをしてくれればいいのですが、

そんな債務者は、今まで一人もいません。

 

最後まで、本当に迷惑をかけてくれます。

 

最新の解決事例-自己破産84

U様/50代/男性/東京都在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

U様は、生活費の補填や日用品等の決済のため継続的にカードを利用していましたが、事故で負傷したことで減収となったため、徐々に返済が困難となってしまいました。その後、借金返済のため企業を試みるも失敗に終わり、さらに負債が増大してしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収30万円

資産:特になし

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

1,170,000

50,000

B銀行

1,520,000

22,000

C社

630,000

35,000

D社

630,000

40,000

Eカード

1,140,000

10,000

Fカード

930,000

20,000

G社

30,000

10,000

合計

6,050,000

187,000

【受任後の状況】

<コメント>

現状では返済が困難であったため、自己破産の方針としました。

借入原因に浪費の面があったこと、過去に事業をしていた経緯があったことから、管財手続となりました。

管財人の調査では、複数回の面談の結果、特段問題となる点はなく、無事免責許可を得ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

最新の解決事例-自己破産83

T様/40代/性別/男性/栃木県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

T様は、2度の離婚をされていましたが、離婚に伴う費用(婚姻費用、養育費、慰謝料等)の負担を抱え、その捻出のために借入をするようになりました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収30万円

資産:車(査定額80万円)、退職金見込額280万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A銀行

500,000

10,000

B銀行

3,280,000

50,600

C銀行

1,000,000

20,000

D銀行

3,000,000

40,000

Eカード

880,000

29,000

Fクレジット

600,000

70,000

Gクレジット

500,000

14,000

Hカード

500,000

22,000

合計

10,260,000

255,600

【受任後の状況】

<コメント>

借入原因にはやむを得ない事情があったものの、借入金額が1000万円を超えていたこと、一定額の資産を保有していたことから、管財手続となりました。

車については自由財産拡張が認められ、退職金については1/8相当額の20万円を超える部分について財団組入れの扱いがなされました。

その他の特段問題になる点はなく、無事免責許可を得ることができました。

ジム

こんにちは。
事務の森です。

すっかり春めいてきましたね。

早いもので週3-4回のジム通いを始めて、1年半が経過しました。

最近はランニングを楽しいと思えるようになり、7~8kmは走っています。

ジムに通い始めたころは3km走るのも大変でしたが、今ではランニング、エアロバイク、

筋トレとトレーニングのはしごができるようになりました!(^^)!

「継続は力なり」ですね。

最近のジムはマシ-ンも充実しているので、新しいトレーニングにも挑戦したいと思います。

皆様もぜひスポーツで気持ちの良い汗を流してみてはいかがでしょうか。

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード

このページのトップヘ