レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。日々の出来事や、法律に関してなど綴ります。


明けましておめでとうございます

皆さん、こんにちは。

弁護士の高橋です。

 

年末年始は、仕事を持ち帰って書類の作成をしていたため、
あまりゆっくりすることはできませんでした。

そのため、初詣にも行っておらず、まだおみくじも引いておりません。

 

一昨年、昨年と続けて全く同じ内容のおみくじを引いたため、
今年こそは違うおみくじを引いて気持ちを新たにしたいです。

 

寒い日と少し暖かい日が交代で続いておりますが、
体調を崩さないようにして今年も頑張っていきましょう。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

最新の解決事例-個人再生69

<本文>

G様/30代/男性/埼玉県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

G様は、仕事で出張が多く、その交通費や宿泊費を支払うためにカードを利用するようになりました。また、大学時代の奨学金の返済も始まり、次第に返済が困難になってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収32万円(ほか賞与年額25万円)

資産:預貯金60万円、土地(共有名義、査定額77万円)

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

2,070,000

55,000

B社

90,000

7,000

Cカード

2,360,000

50,000

D社

2,830,000

65,000

Eカード

740,000

25,000

F社

210,000

15,000

G社

4,700,000

32,000

合計

13,000,000

249,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

Aカード

410,000

12,000

B社

20,000

初回一括

Cカード

470,000

13,000

D社

570,000

16,000

Eカード

150,000

4,000

F社

43,000

初回一括

G社

940,000

26,000

合計

2,603,000

71,000

 

<コメント>

安定した収入があったこと、少しでも返済していきたいという希望があったことから、小規模個人再生の方針としました。

申立後、特段問題となる点はなく、清算価値も総債務額の1/5を下回っていたので、弁済額が清算価値基準になることもありませんでした。

債権者からの反対もなく、再生計画は無事認可され、25万円近くあった毎月の返済額が、3年間で月額約7万円になり、家計の立て直しを図ることができました。

2018 年始の帰省③-大阪城

弁護士の櫻田です。

 

前回、前々回に続き、年始の帰省の様子です。

 

帰京する前に大阪城に立ち寄りました。

言わずと知れた太閤秀吉所縁の城。100名城の一つでもあります。

高校の修学旅行で訪れた記憶がありますが、今回はそれ以来です。

 

画像01

外堀の石垣。サラッとそこにありますが、この石垣、すごいです。

高さも幅も規格外です。

昨年訪れた伊賀上野城の高石垣よりも規模は大きいです。

 

画像02

大阪城公園内の豊國神社にある秀吉像。

 

画像03

桜門を入ったところにある枡形の巨石。

分かり難いかもしれませんが、これもすごく大きい。

上田城の真田石より全然大きいと思います。

 

画像04

天守。

鉄骨復元で趣には欠けますが、立派です。

ちなみに、中は博物館のようにたくさんの展示があります。

 

画像05

天守内にはエレベーターも設置されています。

本当にお城でしょうか…。

私は、階段で上りましたが、エレベーターには待ちの行列ができていました。

 

画像06

天守最上階からの眺望。

目線の高さの金網は見やすいように空いています。

背景の高層ビルとの対比が何とも言えません。

 

大阪城公園内には他にも見所があるのですが、とても広くて回り切れず、また、本降りの雨だったので、天守や石垣、門などを見学して帰りました。

連休だったので、特に、外国人観光客がとても多く、天守の中は、通路が渋滞していました。

秀吉の足跡や大阪の陣の展示はじっくり見たかったのですが、忙しない観覧となりました。

とはいえ、100名城スタンプもゲットしたので、良しとします。

また、城めぐりアプリで、大阪城を落として、秀吉も配下にできたので、なお良かったです。

 

続いて、食べた物を。

天王寺駅の地下街にある「あべとん」さんでお好み焼きなどをいただきました。

 

画像07

L字型の狭目の店内は人でいっぱいでした。

大阪人は行列に並ばないと言いますが、少し並びもありました。

 

画像08

すじポン酢。シンプルながら、とても美味しい。

 

画像09

ホルモン焼うどん。

美味しくないわけがありません。

 

画像10

画像11

店の一番人気というすじコンねぎ焼。

マヨネーズポン酢とソースのハーフでいただきました。

 

画像12

画像13

あべとんミックス。

太目の焼そばに、イカやエビの魚介類がたっぷり。

 

大阪お好み焼きのすごさを垣間見た気がします。大変美味しかったです。
茶色の粉物ばかりでインスタ映えはしませんが,ご容赦を。

 

年始帰省の記事はこれで最後です。

 

改めまして、本年も、このブログをよろしくお願いします。

 

最新の解決事例-自己破産72

I様/50代/性別/女性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

I様は、勤務先の人間関係に悩み、カウンセラーによる有料相談を多数回利用するようになり、その支払いをするため、借入を始めました。しかし、カウンセリングを受けても状況はなかなか改善しませんでしたが、それを止めることもできず、借金が膨らんでいきました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収28万円(ほか賞与年額100万円)

資産:現金65万円、預貯金30万円、財形貯蓄3万円、保険解約返戻金30万円、退職金

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

1,380,000

30,000

B社

270,000

10,000

C社

650,000

30,000

D社

210,000

10,000

E社

547,000

547,000

F社

980,000

30,000

G社

3,200,000

40,000

H銀行

480,000

10,000

I社

1,960,000

23,000

J銀行

240,000

6,000

K社

460,000

13,000

合計

10,377,000

749,000

【受任後の状況】

<コメント>

借金総額が1000万円を超えていましたが、その原因はほぼカウンセリング費用とのことでしたので、免責不許可事由である浪費にあたることが懸念されました。少なくとも、受任後は、カウンセリングは一切絶っていただき、収入の範囲内で家計を見直しました。

申立後、財産の換価・処分が問題となりましたが、退職金は、詳細な調査の結果、確定拠出年金であることが判明しましたので、全額換価対象とならず、また、希望されていた財形貯蓄や保険の自由財産拡張も認められました。現金及び預貯金から相当額を財団組入れせざるを得ませんでしたが、安定した収入があり、将来的な不安は軽減されました。

債権者への簡易配当後、無事、裁量免責となり、家計の再建を図ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

星空ダイニング

こんにちは。事務の菊池です。

 

昨年末の話ですが、星空ダイニングへ行ってきました。

 

お店に入ると店内は薄暗く、天井には満天の星空が!

 

22-1

 

星好きの私は、ずっと天井を眺めながら食事をしていたので、首が痛くなりました(笑)

一緒に行った友人も首が痛いと言っていました(笑)

とても素敵な空間でした。

 

1時間に1回くらい、天井が変わります。

 

22-2

 

他にも、花火やろうそくが天井に映し出されていました。

 

ランチもやっているようですが、昼間はどういう雰囲気なのか、気になります。

 

プロフィール
レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード

このページのトップヘ