レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。


最新の解決事例-個人再生76

O様/30代/男性/千葉県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

O様は、貯金で投資を始め、当初、利益を出したことをきっかけに借入をして投資額を増やしていきましたが、次第に損失を出すようになり、その補填のためにさらに投資をして失敗するという悪循環に陥ってしまいました。住宅ローンを抱える中、返済も困難になっていきました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収28万円(ほか賞与年額150万円)

資産:預貯金15万円,確定拠出年金13万円,保険解約返戻金100万円,車10万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

180,000

11,000

B銀行

3,000,000

30,000

Cカード

1220,000

50,000

Dカード

390,000

15,000

Eカード

200,000

30,000

F銀行

340,000

10,000

G銀行

100,000

10,000

H銀行

500,000

8,000

I銀行

1000,000

20,000

合計

6,930,000

184,000

J銀行(住宅ローン)

42,600,000

110,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

Aカード

40,000

1,100

B銀行

700,000

20,000

Cカード

300,000

8,000

Dカード

90,000

2,500

Eカード

50,000

1,400

F銀行

80,000

2,200

G銀行

23,000

(一括)23,000

H銀行

120,000

3,300

I銀行

240,000

6,500

合計

1,643,000

45,000

J銀行(住宅ローン)

42,600,000

110,000

 

<コメント>

住宅を残したいという強いご希望があったこと、借入原因が投資の失敗にあったこと、賞与を含めて考えると返済原資が捻出できたことなどから、自己破産は避け、個人再生の方針としました。

複数の査定に基づき、住宅の評価を適正に見積もった上で申立てをした結果、審理の中で特段問題となる点はなく、再生計画は無事認可されました。

結果、住宅ローンを除いて、借金は1/5に減縮し、3年間、毎月45000円の返済をしていくことになり、家計の再建を図ることができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

うさぎの写真

こんにちは、事務の菊池です。

 

いつもお世話になっているうさぎショップで、アンソニー君のカットをしていただきました。

 

今回はカットの時間が短かったおかげか、終始機嫌がよかったです。

 

このお店では、カットの後に撮影をしてくれます。

 

毎月セットにテーマがあって、今回は春らしい感じです。

 

とても可愛く撮れました。

 

30-1

 

30-2

最新の解決事例-個人再生75

N様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

N様は、競馬を中心とするギャンブルにのめり込んでしまい、その資金捻出のため、借入を継続していました。返済が困難になる中で、競馬で当てて返済しようと安易に考えてしまい、さらなる悪循環に陥ってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収33万円

資産:預貯金15万円、出資金3万円

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

A社

160,000

20,000

B社

1,000,000

20,000

C社

520,000

15,000

D社

3,030,000

62,000

E社

630,000

20,000

F銀行

300,000

10,000

G銀行

3,160,000

40,000

合計

8,800,000

187,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

A社

30,000

800

B社

200,000

5,000

C社

100,000

3,000

D社

610,000

17,000

E社

130,000

3,000

F銀行

60,000

2,000

G銀行

630,000

18,000

合計

1,760,000

48,800

 

<コメント>

借入原因がギャンブルであったこと、少しでも返済をしていきたいという希望があったことから、小規模個人再生の方針としました。

受任後は、ギャンブルで浪費した生活を改善していただき、収入の範囲内で家計が回るよう更生していただきました。

申立後、特段問題となる点はなく、再生計画は無事認可されました。900万円近くあった負債が1/5になり、3年間、毎月の負担も5万円を下回り、家計に余裕ができました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF

年度末・年度初め

弁護士の櫻田です。

 

まだ3月ですが、東京では早々と桜も満開となっていますね。

 

さて、年度末・年度初めの時期です。

 

卒業、進学、退職、就職などに伴い、新生活をスタートされる方も多いでしょう。

 

以前も、このブログで書いたかもしれませんが、事務所としては、年度末・年度始めでも、特別なことはなく、通常通りの業務を継続します。

弁護士としては、任期付きの役職があったり、委員会に所属していれば、その変動はあったりしますが、その程度です。

なので、私としては、この時期になると、何となく世間から取り残されたような感覚に陥ります。

 

ですが、いいこともあります。

同じ法曹の裁判官は異動の時期です。異動の直前直後は、裁判の期日が入りません。

期日が入らないので、3月末と4月初めの週は、裁判所に行くことはほとんどなくなります。

もちろん例外もあり、ゼロではないのですが、平常からすると、裁判所に行く機会は激減します。

裁判所に行く機会が減るということは、事務所での仕事に集中できるということです。

普段各地の裁判所を行ったり来たりしているので、事務所で落ち着いて仕事ができるということは大変ありがたいことです。

この機会に、いろいろなことをまとめて処理していければと思います。

 

今年も、事務所での仕事を中心にしながら、年度を跨ぎたいと思います。

 

最新の解決事例-個人再生74

M様/50代/男性/千葉県在住/会社員

 

【受任前の状況】

<事情>

M様は、住宅購入後、ギャンブルにのめり込んでしまい、数百万円の損失を出してしまいました。この補填のため、借入を始めましたが、ギャンブルを止めることはできず、返済のために借入を繰り返す悪循環に陥ってしまいました。

 

<収入・資産の状況>

収入:月収38万円(ほか賞与年額150万円)

資産:現金30万円、預貯金80万円、退職金見込額550万円、保険解約返戻金90万円、不動産

(オーバーローン)

 

<負債の状況>

借入先

借入残高

毎月の返済額

Aカード

5,700,000

160,000

Bカード

1,100,000

47,000

Cカード

610,000

35,000

Dカード

1,600,000

51,000

Eカード

1,000,000

30,000

F銀行

2,700,000

40,000

G銀行

3,300,000

40,000

H銀行

300,000

5,000

I銀行

2,000,000

30,000

J銀行

1,000,000

20,000

K氏(個人)

1,000,000

未払い

合計

20,310,000

458,000

L銀行(住宅ローン)

16,000,000

73,000

【受任後の状況】

<個人再生後の返済状況>

借入先

認可された弁済総額

毎月の返済額

Aカード

860,000

14,000

Bカード

160,000

2,500

Cカード

90,000

1,000

Dカード

220,000

3,200

Eカード

150,000

1,900

F銀行

400,000

6,600

G銀行

490,000

7,900

H銀行

40,000

(一括)40,000

I銀行

280,000

4,400

J銀行

150,000

2,000

K

140,000

2,100

合計

2,980,000

85,600

J銀行(住宅ローン)

16,000,000

73,000

 

<コメント>

借入原因がギャンブルにあったこと、十分な収入・資産があり返済条件を見直せば返済が可能であったことなどから、小規模個人再生の方針としました。

受任後は、ギャンブルで散財してしまった生活を改め、毎月家計表を作成して、収入の範囲内で支出を抑えるということを徹底していただきました。

申立後、特段問題となる点はなく、再生計画は無事認可されました。住宅ローンを除いて2000万円以上あった債務が約300万円まで圧縮され、これを3年間で返済していくことになりました。

 

【ご依頼者様の声】

アンケートPDF
プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード

このページのトップヘ