レアール法律事務所ブログ

秋葉原にあるアットホームな法律事務所です。弁護士や事務員が日々の出来事や法律に関する記事を投稿します。


最近の建物明渡請求の債務者の状況

皆さんこんにちは、事務の末永です

 

最近、建物明渡請求の強制執行の催告手続に行くと、債務者が部屋にいるケースが多くなりました。

 

催告手続が終わり、その後、債務者と話をするのですが、みなさん、一様に、申し訳なさそうな顔で受け答えをします。

 

そして、債務者のほとんどが、「これ以上迷惑を掛けられないので、断行手続までには、出ていきます」と答えるのですが…

 

その後、連絡は取れないし、鍵の返却もない

 

というのがお決まりのパターンです。

 

結局のところ、断行手続まで採らざるを得なくなるのです。

 

本当に、最後まで迷惑をかけられる債務者が増えて困っていますが、こちらも仕事ですので、粛々と対応させていただくしかないですね。

 

佐倉支部にて思う

弁護士の櫻田です。

 

関東も梅雨入りしましたね。

1ヶ月以上ジメジメした時期が続きますが、明るく乗り切りましょう。

 

先日、千葉地方裁判所佐倉支部で期日があり、出頭してきました。

 

佐倉支部へのアクセスは割と不便です。

電車だと、JRと京成線の2つの路線を利用できますが、いずれの路線の最寄駅(佐倉駅)からもかなり離れています(京成の方が若干近いかな)。

なので、おそらく千葉の先生は車で訪れる方が多いかと思います。

私は、電車利用ですが。

 

さて、佐倉といえば、私の母校の高校があります。

それこそ、佐倉支部から程近い場所です。

佐倉支部の周辺は、高校時代を過ごした思い出が多い地です。

 

往きは、JR佐倉からタクシーで行ったのですが、帰りは、久しぶりに高校の周辺を歩いてみたくなったので、京成佐倉まで歩きました。

 

母校は、佐倉支部から京成佐倉までの途中にあります。

卒業生とはいえ部外者ですので、校門の中には入れませんが、校舎を眺めながら、学校の周辺を歩きました。

アパートやマンションが増えた感じですが、通学路を歩くと、当時の思い出が浮かんできます。

このときは下りだったのですが、通称「鍋坂」という傾斜のきつい坂も健在でした。

 

しかし、高校を卒業してからもう20年以上になりますね。

当時の自分が思い描いた将来の自分と、現在の自分を比べると、どうでしょうか?

まあ、少なくとも、当時予想していた通りにはなっていないですね。

 

昔を振り返ることはほとんどしない性質ですが、少し感傷に浸り、精進を続けていければと思いました。

 

梅雨時期になりますね

こんにちは。事務局です。

 

毎年恒例の健康診断を終えて、ほっと一息の6月がスタートしました。

 

これから梅雨本番ですね。

 

この季節、多くの方が憂鬱な気持ちに陥りがちだと思います。

 

そんなとき、心身共にリフレッシュできる趣味があるといいですね。

 

スポーツで体を動かしたり、ゆっくりと読書をしたり、好きな映画を見たり。

 

雨が多くなる季節ですので、天候に左右されない趣味を探してみたいと思います。

 

さて、当事務所は、6月も暦通りの営業となります。

 

夜間や土日でもご希望があれば、随時対応をさせていただいておりますので、お気軽にお問合せください。

 

それでは、今月もよろしくお願いいたします。

 

孤高のグルメ35 「たちじゅう園」外@阿倍野

弁護士の櫻田です。

 

健康診断も無事終わり、苦しかった今年の減量も打ち止めです。

なので、引き続き、孤高のグルメを。

 

今回は、けっこう前に大阪に行ったときに立ち寄ったお店です。

阿倍野にある「たちじゅう園」さんです。

 

たちじゅうとは、太刀魚の蒲焼重のことをいうようです。

比較的新しいお店ながら、現地ではかなりの人気店になっているようです。

 

画像01

あべのハルカス。

近くまで行きましたが、入りませんでした。

しかし、周辺を歩く際には目印になって、とても便利です。

 

画像02

画像03

画像04

店舗外観。開店前に行きましたが、既に行列ができていました。

ちなみに、たちじゅうは40食限定とのこと。

早目に並ばないと食べられませんね。

 

画像05

たちじゅうは通信販売でも購入できるようです。

 

開店前に並んだため、1巡目で入店することできました。

店内は狭く、座席は多くはありません。

開店前から並んでもすぐに入店できない方がかなりいました。

 

外で並んでいた際に注文を取ってくれたので、座るとすぐに料理が運ばれてきます。

 

画像06

付き出しのサラダ。太刀魚の骨せんべいも添えられています。

パリパリで美味。

 

画像07

画像08

間もなく、メインのたちじゅうも到着です。

太刀魚の蒲焼って関東ではまず見かけないですよね。

厨房では、炭火で豪快に焼いており、席から見ているだけで美味しいことが分かります。

実際食べると、外側はカリッとした食感で、身はふっくらで軽く、大変素晴らしい。

うなぎの蒲焼よりも軽いですが、タレが濃厚で十分満足することができます。

しかも、ボリュームも十分で、申し分なし。

 

画像09

自家製の練り七味。

味変は山椒ではないようです。

これがまたいい。濃厚なタレに清涼感が加わります。

 

早目に並んだ甲斐があって、スムーズに食べることができてよかったです。

他では代替ができない品かと思うので、機会があればまた訪問したいですね。

 

以下、おまけ。

せっかく大阪に来たからたこ焼きが食べたくなりました。

阿倍野駅前の「やまちゃん本店」さんに立ち寄りました。

 

画像10

画像11

画像12

 

しっとりした昔ながらのたこ焼きです。

アツアツをいただき、大阪の味を堪能することができました。

 

では、また次回。

孤高のグルメ34 「山猫」@養老渓谷

弁護士の櫻田です。

 

久しぶりになってしまいましたが、孤高のグルメです。

 

今回は、かき氷。

 

GW中に、千葉の秘境・養老渓谷にある「山猫」さんに行ってきました。

「山猫」さんは、滝見苑という旅館が経営する「ごりやくの湯」という温泉施設の敷地内(BBQ施設内)にあります。

期間限定でオープンしているそうなので、いらっしゃる方はサイト等で確認することをお勧めします。

 

ちなみに、GWのこの日は、今年のオープン日。

行列ができているだろうとの事前の予想通りになりました。

オープン時間少し前に到着しましたが、数十人の並びができていました。

 

並ぶこと30分くらいでようやく店内へ。

 

画像01

画像02

画像03

画像04

食券制で、食券を購入した後、間借りしているBBQ施設で出来上がりを待つことになります。

メニューは惹かれるものばかりでしたが、この日は、「紅はるかみるく」をチョイス。

紅はるかとはサツマイモの品種です。かき氷でサツマイモは珍しいですからね。

 

食券を購入し、注文した後は、再び、ひたすら待ちます。

一つ一つ丁寧に作っている様子。

注文してから、さらに30分以上待ちました。

 

画像05

画像06

画像07

画像08

お店に到着してから1時間以上待って、ようやくかき氷と対面。

このビジュアル、素晴らしい!の一言です。

イモ餡の加え、角切りまで乗っています。

ちなみに、価格は800円ですが、このクオリティだと、十分に納得できる金額です。

 

食べると、さらに素晴らしい!

氷はフワフワ。しかも、氷自体にミルクが染み込んでいて、ありがちな水っぽさをまったく感じません。

フワフワな上に、濃厚な味がある。

そして、イモ餡も秀逸。サツマイモの味が活かされています。

 

画像09

画像10

こちらは、連れが注文した、「アイベリーいちごみるく」。

少し味見をしましたが、こちらも大変美味しゅうございました。

 

今まで食べた中のかき氷でも、12を争うほど素晴らしかった。

さらに行列は必至でしょうが、真夏の暑い日に再訪したいと思います。

 

ちなみに、現在減量中ということで、今回は、カロリーダウンなかき氷をピックアップしました。

 

プロフィール

レアール法律事務所

レアール法律事務所
〒101-0026
東京都千代田区神田佐久間河岸85
財津ビル4F
TEL 03-5892-8900
FAX 03-5825-2602

ホームページ


最寄駅
秋葉原駅・岩本町駅・浅草橋駅

道案内


g_banner


.
QRコード
QRコード

このページのトップヘ